神奈川県など6団体が店舗施設のバリアフリー情報をオープンデータ化|官民連携で移動困難者の支援を加速

#SDGs目標11#SDGs目標17 2021.04.13

この記事をSNSでシェア!

引用:makotomoの写真AC

国土交通省とNTTデータ経営研究所は4月9日、自治体と民間企業5社が保有する施設のバリアフリー情報を誰でも活用できるオープンデータとして「歩行者移動支援サービスに関するデータサイト」で公開した。

今回、国交省と連携してバリアフリー情報を公開したのは、神奈川県および小田急電鉄、セブン&アイ・ホールディングス、京浜急行電鉄、横浜銀行、東日本銀行の計6団体。バリアフリートイレやエレベーターといった店舗施設のバリアフリーデザインに関する詳細な情報を公開している。

国交省が民間企業と連携してバリアフリー情報のオープンデータ化に取り組むのは、今回が初の試みとなるという。バリアフリー情報のオープンデータ化から活用にかかる課題とその解決策を検討することで、移動困難者が自由に移動できる環境の構築を目指す。

なお、SDGs CONNECTは京急グループのインタビュー記事を掲載している。

◎オープンデータ化されるバリアフリー情報一覧
引用:
国土交通省報道発表資料

神奈川県は、小田急電鉄、セブン&アイ・ホールディングス、京浜急行電鉄、横浜銀行などの企業と「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結している。

これまで神奈川県と各企業はそれぞれ異なるフォーマットでバリアフリー情報を管理していたが、そのままの状態でオープンデータ化を行った場合、データ変換コストが増大し、活用が難しくなることが想定されていた。今回のオープンデータ化にあたってはそのフォーマットが統一されたため、バリアフリー情報の活用にかかるコストが削減されることが見込まれている。

◎オープンデータ化されたバリアフリー情報の活用フロー
引用:国土交通省報道発表資料

オープンデータ化されたバリアフリー情報は、今後バリアフリー情報を提供するサイト・アプリなどに取り込まれ、活用される予定だ。

国土交通省は、障害者(車いす使用者など)や高齢者をはじめとした移動困難者がストレスなく移動できる環境を実現するため、ICTを活用した歩行者移動支援「バリアフリー・ナビプロジェクト」の普及展開を推進している。引き続き、官民連携を通してバリアフリー情報のオープンデータ化を進めていく予定だ。

SDGsゴール11「住み続けられるまちづくりを」では、女性や子ども、高齢者、障害者を含む、すべての人々に安全で利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供することが重視されている。

今回のような官民連携の流れが今後さらに加速すれば、ゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」で指摘されているように、持続可能な開発に向けた取り組みの効果を最大化することが可能になるだろう。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに

房総半島沖の海底に大量のプラスチックごみ|JAMSTECが発表

LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

生物多様性の達成状況を分析した報告書の日本語版が公開|国内の議論における指標の1つに

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

2021年「ユネスコ/日本ESD賞」の国内公募が開始|すべての目標達成のカギとなる取り組みを支援