脱炭素社会の実現に向けて「取り組みたい」が9割|「気候変動に関する世論調査」の結果公表

#SDGs目標12#SDGs目標13#SDGs目標7 2021.03.25

この記事をSNSでシェア!

引用:内閣府公式サイト

内閣府は3月19日、「気候変動に関する世論調査」の結果を公表した。

地球の温暖化、オゾン層の破壊、熱帯林の減少などの地球環境問題に関心が「ある」とした回答は88.3%にのぼった。パリ協定を「内容まで知っている」と答えたのは84.0%だった。

調査項目は主に3つ。

  1. 地球温暖化問題について
  2. 気候変動影響について
  3. 気候変動適応について

調査は18歳以上の日本国籍を持つ3000人を対象に、2020年11月5日から12月20日にかけて行われた。なお、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、対面での接触を回避するために郵送法で実施された。

調査概要はこちら

引用:内閣府公式サイト

脱炭素社会の実現に向けて「取り組みたい」と答えたのは91.9%だった。

脱炭素のために日常生活で取り組んでいる行動は、「軽装や重ね着などにより、冷暖房の設定温度を適切に管理」が70.9%と最多で、「こまめな消灯などによる電気消費量の削減」が70.7%と続いた。

今後新たに取り組みたいことには、「地球温暖化への対策に取り組む企業の商品の購入やサービスの利用」(30.1%)に、「電気自動車などのエコカーの選択やゆっくり加速・減速などのエコドライブの実践」(24.1%)が続いている。

菅義偉首相が昨年10月の所信表明演説で50年までに脱炭素社会を実現すると宣言して以降、「脱炭素」への国民の関心が高まりつつある。各個人の消費行動や生活様式が、少なからず達成状況に影響をもたらすことが理由として考えられるだろう。

脱炭素は、SDGsゴール13「気候変動に具体的な対策を」の達成に向けた取り組みにおいても重要な指標となる。地球の一市民として自分に何ができるのか、チェックしていきたいところだ。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

国連主催の刑事司法会議「京都コングレス」閉幕|SDGs達成に向けた司法制度の構築を国際協調で推進

千葉ジェッツふなばし、5月1日、2日にフードドライブを実施|地域コミュニティ単位で貧困問題の解決へ

消費者庁、食品ロス削減推進大賞受賞者を発表|日本の消費者一人ひとりに広がる取り組み

国土交通省、3D都市モデル開発プロジェクト「Project PLATEAU(プラトー)」よりオープンデータを公開|持続可能なまちづくりに向けた緻密なシミュレーションが可能に

ビューティーブランド『ON&DO』がトークセッションを開催|ゲストは時代をリードする女性たち

瀬戸内海の環境改善に向けた特措法改正案を閣議決定|水産資源の持続可能な利用方法を模索

全国清涼飲料連合会、「2030年ボトルtoボトル50%」を宣言|ペットボトルの「水平リサイクル」実現に向け一歩