リスキリングに最適な資格10選-人気の資格を分野別に紹介

#SDGs目標8#ビジネス#働きがい 2023.12.08

この記事をSNSでシェア!

 

リスキリングのために資格を取得したいと考えている人は年々増えているのではないでしょうか。

現代の急速なテクノロジー発展と労働環境の変化により、新たなスキルを身に付けることが求められています。逆に言えば、新たな資格を身に付けることで自身の可能性を広げることができるのです。

今回は、リスキリングに最適な分野と資格、リスキリングに関する補助金も紹介します。

【この記事でわかること】

リスキリングとは

リスキリングとは、既存のスキルの更新や新しいスキルの習得を意味します。技術の進歩によってAIエンジニアなどの新しい職種が生まれるため、リスキリングは重要です。そして、リスキリングをすることで社会人としての可能性や価値を高めることができます。

リスキリングが求められる背景

リスキリングが求められている背景を3つ紹介します。

転職を成功させるため

転職を成功させるためには、自分のスキルが新しい職場の要求に適合しているかが重要です。自分のスキルが市場の需要に合わない場合や新しい挑戦を求める場合は、リスキリングが有効です。

新しいスキルを身につけることで異なる業種や職種への転職が可能になり、より適した職場を見つける選択肢が広がります。

▼関連記事
SDGs目標4の取り組み10選|現状や企業・個人にできることも紹介

労働市場の変化に対応するため

近年、労働市場は急速に変化しています。AIやIoTの進化によって新たな職種が生まれ、従来の職種は自動化により姿を消す可能性があります。このような変化に対応するためには自身のスキルセットを見直し、新たな分野へのリスキリングが求められます。

  • 資格取得
  • オンライン講座やセミナーの受講
  • 学習アプリの活用

資格取得はリスキリングの最も有効な方法のひとつです。資格を取得することで自身のスキルを客観的に証明することができ、転職やキャリアアップに有利になります。プログラミングやデータサイエンスなどの分野は需要が高まることが予想されるため、IT分野のリスキリングは特におすすめです。

▼関連記事
SDGs目標8の現状とは?-現状から課題解決のための取り組み事例まで解説

デジタル変革(DX)の進展に対応するため

デジタル変革(DX)の進展は、今や多くの業界で重要なテーマとなっています。この流れに対応し、新しいスキルを身につけ職場で競争力を保つためには、リスキリングが必要となります。リスキリングを成功させるためには、新たな分野の知識を身につける資格取得が有効です。

例えば、以下のような資格がおすすめです。

資格名 内容
プログラミング資格 最新のプログラミング言語やフレームワークを学び、開発スキルを習得
データサイエンス関連資格 データ分析やAI活用の知識を身につけ、データから有益な情報を引き出すスキルを習得

これらの技術は、デジタル化が進む中でますます求められるものとなっています。資格取得により、リスキリングを実現し、デジタル変革に対応したキャリアアップを目指しましょう。

リスキリングに最適な資格10選-分野別に紹介

IT分野の資格3選

IT分野の資格のうち、特にリスキリングに人気の資格を3つ紹介します。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基本的な知識を有することを証明する資格です。情報マネジメント能力を中心に、コンピュータ、ネットワーク、データベース、システム開発、プロジェクトマネジメントなど、幅広いIT知識が問われます。試験は年4回行われています。試験内容は全て択一式で、ITリテラシー全般を対象としています。

分野 内容
IT技術 コンピュータ、ネットワーク、データベースなど
プロジェクトマネジメント プロジェクトの計画・実行・管理
システム開発 システム開発の流れと方法

ITパスポートを取得することで一定のITスキルがあることが証明され、転職活動やスキルアップの際に有利となります。これからIT分野に転職を考えている方やITスキルを身につけたい方には、特におすすめの資格です。

▼関連記事
LGBTと仕事-問題点、就職サイト、フレンドリー企業など網羅的に解説

G検定

G検定は、AI(人工知能)に関する深い知識を有する人材を認定する国内で唯一の試験です。G検定は基礎から応用まで広範囲なAI知識が試されるため、資格を取得することで多くの企業から信頼を得られます。

特徴 詳細
AI全般の知識が試される AI技術の基礎からビジネスへの応用方法まで
国内唯一のAI資格試験 AI知識を証明する国内唯一の公式試験
高度なIT人材認定 AI専門家として認識され、幅広い業界で活躍できる

資格取得にはオンラインで学べる講座があり、本業や家事と並行して学習を進めることが可能です。リスキリングを検討している方は、ぜひG検定を取得候補の一つに加えてみてください。

Python3エンジニア認定試験

Python3エンジニア認定試験は、Pythonプログラミング言語の知識と技能を評価する資格試験です。Pythonの基本的な文法や標準ライブラリ、データ構造、オブジェクト指向プログラミング、モジュールとパッケージ、例外処理など、広範囲にわたるトピックをカバーしています。

この試験はPythonを使用するプログラマーやエンジニア、さらにはデータサイエンスや機械学習の分野でキャリアを築くことを目指す人々にとって有益な資格です。職業的な信頼性と市場価値を高めることができるため、キャリアアップにも大きく貢献できます。

データサイエンス分野の資格2選

データサイエンス分野の資格のうち、特にリスキリングに人気の資格を2つ紹介します。

ビジネス統計スペシャリスト

ビジネス統計スペシャリストは統計分析の基礎を理解し、ビジネス現場での問題解決に活用できるスキルを持つ人材を認定する資格です。

データサイエンス分野では大量のデータから有用な情報を見つけ出し、ビジネスの意思決定に活かす能力が求められています。この資格を取得することで、データ分析の基礎知識を身につけることができます。

ビジネス統計スペシャリストの資格取得には以下のようなメリットがあります。

  • データ分析の基礎知識を身につけることができる
  • データ分析やマーケティングリサーチ、予測モデル作成など、幅広い業務に対応できるようになる
  • 企業へのアピールポイントになる

リスキリングを考える上で、統計分析スキルは非常に有用です。データサイエンス分野は今後も需要が高まると予想されるため、データ分析のスキルを身につけることでキャリアアップや転職の可能性が広がります。

▼関連記事
《SDGs事例》コニカミノルタ| ”課題提起型デジタルカンパニー”を目指して。

統計検定

統計検定は、データ分析の基本となる統計学を効果的に学べる資格です。実践的なスキルを持つことが求められるデータサイエンス分野において、この資格は大きな強みとなります。

統計検定は2級から準1級、1級とレベルが分かれており、初級者から上級者まで対応した学習と資格取得が可能です。

試験内容
2級 統計学の基礎知識、基本的な手法
準1級 多変量解析や確率論など、応用的な統計学
1級 高度な統計学と統計ソフトウェアの使い方

各企業ではデータ解析力を持つ人材が求められており、事業戦略を立てる上で重要な意思決定を担当する役割を担うことが期待されます。統計検定を取得することで市場価値が高まり、転職や昇進のチャンスも広がるでしょう。

法律分野の資格3選

法律分野の資格のうち、特にリスキリングに人気の資格を3つ紹介します。

行政書士

行政書士は、地方自治体や官公庁の許認可取得に関する業務を主とする専門職です。法規制が厳しくなる中で、企業体や個人が適切に法律に準拠しながらビジネスを展開するための重要な存在です。

行政書士試験は、憲法、民法、商法など幅広い法律知識を問うため、一般的に難易度は高いとされています。しかし、難易度が高い分リスキリングにおいて高い価値が認められています。

  • 新たなキャリアパスを開くことができる
  • 現在の業務においても法的な問題解決能力が身につく
  • 社会の法規制強化に備えることができる

行政書士を取得することでこのような良いことがあります。法律を生かして仕事をしてみたい方は、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人の経済活動に関するアドバイスを行うための資格です。この資格は、リスキリングの一環として特に注目されています。なぜなら、FPの知識は多岐にわたり、金融機関だけでなく企業の経営戦略や個人の生活設計などの場面で活用できるからです。FPの資格は以下の3つの等級があります。

等級 試験内容 取得難易度
1級 全般的な知識を問う 難しい
2級 基本的な知識を問う 普通
3級 初級的な知識を問う 易しい

このように、自身のスキルや経験に合わせて、自分に適した等級からチャレンジすることができます。

宅建士

宅建士は、不動産取引全般に関する知識を証明する国家資格です。不動産業界への転職を考えている方にとって、取得しておくと有利な資格の1つです。

宅建士資格の取得には国家試験に合格する必要があります。試験は不動産取引に関する法律、経済、建築など、幅広い知識を問うため、難易度は高めです。しかし、合格することで不動産業界で活躍するための基礎知識を身につけることができます。

  • 不動産業界への転職に有利になる
  • 不動産に関する専門知識を身につけることができる
  • ビジネスシーンでの信頼性を高めることができる

宅建士資格を取得することでこのような良いことがあります。不動産に興味のある方は、取得を検討してみてはいかがでしょうか。

語学分野の資格2選

語学分野の資格のうち、特にリスキリングに人気の資格を2つ紹介します。

TOEIC

現代のビジネスシーンでは、グローバルなコミュニケーション能力がますます重要になっています。その中で、TOEICは英語を母国語としない人々の英語能力を測る資格として広く認知されています。テストはリーディングとリスニングの2つのセクションで構成されており、実際のビジネスシーンでの英語使用能力を評価するものです。

リスキリングやキャリアアップを目指す人にとって、TOEICスコアは自身の英語能力を客観的に示す指標となります。多くの企業が採用基準や昇進の条件としてTOEICスコアを要求することもあり、高いスコアを持つことはキャリア形成において大きなアドバンテージとなります。

TOEICの学習は、グローバルなビジネス環境で活躍するための重要なステップです。英語力を磨いて国際的なキャリアを築くための道を切り開くために、学習を始めてみてはいかがでしょうか。

TOEFL

TOEFLもリスキリングに使用することができます。しかし、TOELFはアカデミックの要素を強く含むため、ビジネスの場面においてはTOEICに比べると重要度は低くなります。

TOEFLは海外での就職やキャリアアップを目指す人にとって、大きなメリットとなります。多くの国際企業や組織は英語力の証明としてTOEFLスコアを重視しており、高スコアを取得することで、多くの職業的機会を得られるようになります。

ビジネス英語だけでなくアカデミックな英語にも慣れることで、国際的な職場でのコミュニケーション能力を向上させることができます。

リスキリングのための資格取得に使える補助金・助成金2選

リスキリングの際に利用できる補助金や助成金を2つ紹介します。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業

近年、AIやIoTの進化により、労働市場は急速に変化しています。このような変化に対応するためには、自身のスキルセットをアップデートし、新たな分野への転職やキャリアアップを図ることが求められます。

リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業は、このようなニーズに応えるため、在職者が自らのスキルアップやキャリアアップを図るための支援事業です。この事業では、以下の3つのサービスを提供しています。

  • キャリア相談

民間の専門家に自分のキャリアについて相談することができます。相談内容は自分の強みや弱み、将来のキャリアビジョンなど多岐にわたります。キャリアコンサルタントが、一人ひとりの状況や希望に合わせて、最適なアドバイスを行います。

  • リスキリング

在職者が新たなスキルを習得するための講座を受講することができます。講座の内容はITやデータサイエンス、AIなど多くの分野に対応しています。実践的なカリキュラムで、即戦力となるスキルを身につけることができます。

  • 転職支援

転職活動のサポートを受けることができます。履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、多くのサポートを受けることができます。転職成功率を高めるための実践的なノウハウを学ぶことができます。

スキルやキャリアを見つめ直し、新たな可能性を切り拓くための大きなチャンスです。ぜひ、この事業を活用して、キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

▼参考
リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金とは、企業が従業員のスキルアップやキャリア開発のために行う研修に対して、政府が財政的支援を行う制度です。従業員の能力向上やモチベーションの向上を図り、企業の生産性を向上させることを目的としています。

助成金を利用するためには、企業が研修計画を立てる必要があります。対象となる研修は、専門技術の向上、リーダーシップの養成、コミュニケーションスキルの強化など、幅広い分野が含まれます。助成金の額は、研修の種類や規模、企業の規模によって異なりますが、一定の割合で研修費用が補助されることが一般的です。

まとめ

今回紹介した資格は、IT、データサイエンス、法律、語学など、幅広い分野を網羅しています。これらの資格を取得することで、キャリアアップに大きく貢献することができます。特に、ITやデータサイエンス関連の資格は、労働市場の変化やデジタルトランスフォーメーション(DX)に伴って需要が高まることが予想されます。

資格取得には一定の費用がかかりますが、補助金を利用することで負担を軽減することができます。紹介した補助金や助成金を活用してみてはいかがでしょうか。

また、リスキリングは自己成長だけでなく、社会全体の成長にも寄与します。新たなスキルや知識を身につけることで会社で重宝されるだけでなく、会社の売り上げを大きく伸ばす可能性もあるのです。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ