文科省、日本語教育支援の動画19本を公開|教育委9割「研修実施できていない」を受けて

#SDGs目標4 2021.05.06

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年5月6日 by 佐野 太一

引用:文部科学省YouTubeチャンネル

文部科学省は4月27日、主に公立学校に在籍する外国人児童への教育を充実させるため、教職員・支援者に向けた研修用動画と外国人児童・保護者に向けた動画コンテンツを文科省ホームページで公開した。

文科省の推計によると、日本語指導が必要な児童生徒の数は10年間で1.5倍に増え、2018年には5万人を超えた。日本語指導が必要な外国人児童生徒数が1.4倍、日本国籍を持っていても日本語指導を必要とする児童生徒の数が2.1倍増加したことが影響している。

市町村教育委員会に対して行った調査では、9割近くが「外国人児童生徒の教育に関する研修は実施できていない」と回答したという。その原因として挙げられたのは、計画的な研修実施の難しさや研修講師の確保が困難、どんな研修にすべきかわからないといった課題だ。

文科省はこの調査結果を受け、最低限必要な情報を学校や自治体、そして児童生徒や保護者に共有するため、計19本の動画を公開した。

◎教職員・支援者向け研修用動画

教職員・支援者向け研修用動画の対象となるのは、学校の教職員 、教育委員会職員、日本語指導補助者 、母語支援員。外国人児童生徒の円滑な受け入れに関するノウハウや日本語教育などの指導方法について、それぞれ20~30分ほどで学ぶことができる。

◎外国人児童・保護者に向けた動画コンテンツ

外国人児童・保護者に向けた動画コンテンツは、学校行事や習慣、毎日の持ち物など、日本の一般的な学校生活についてアニメーションで紹介している。今回公開されたのは、日本語・英語・中国語・ベトナム語・スペイン語・ポルトガル語・フィリピノ語の計7バージョン。

SDGsではゴール4「質の高い教育をみんなに」として、すべての子どもが男女の区別なく、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了し、高等教育へのアクセスを得られるようにすることが掲げられている。高いレベルの義務教育を用意している日本においても、日本語の理解に苦しむ子どもへのケアなど、課題は山積みだ。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    ファッションの廃棄ロスゼロを目指して|ブランディア×エスモード ジャポン

    API を活用したサステナブルな新サービス「Zaim 買いものレシピ AI」を公開|株式会社Zaim

    スタイリングライフ・ホールディングスが「従業員が歩いて企業のCO2排出量抑制を目指す」

    くら寿司100%出資のKURAおさかなファーム設立|「スマート養殖」で人手不足解決や、国内初のオーガニックフィッシュを生産

    『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』第3期始動|”中小企業元年”コロナ禍の新たなスタートに

    全国清涼飲料連合会、「2030年ボトルtoボトル50%」を宣言|ペットボトルの「水平リサイクル」実現に向け一歩