国連人道支援航空サービスの資金が枯渇|パンデミックの終息に影響を与える可能性も

#SDGs目標1#SDGs目標17#SDGs目標2 2021.02.23

この記事をSNSでシェア!

引用:WFP公式サイト

国際連合世界食糧計画(WFP)は2021年2月20日、国連人道支援航空サービス(UNHAS)が活動を継続するための資金が枯渇したことを発表した。来月以降の活動を続けるためには、約214億円の緊急資金が必要になる。

WFPが管理するUNHASは、人道支援団体への支援物資や職員の輸送を担う組織。310地点以上の地域に、毎月平均33000人の旅客と300トン以上の軽量輸送貨物を輸送している。

紛争や災害が発生し、外部の支援を必要としている地域は、安全な地上輸送や民間航空輸送などが利用できないような不安定なセキュリティ条件下にあることが多い。UNHASは、そういった地域のために国際民間航空機関(ICAO)の基準を満たす航空機を確保してきた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、検査サンプルや医薬品を輸送する重要な役割も担っている。

引用:WFP公式Facebook

WFPのアミール・アブドゥラ副事務局長は、「UNHASはほとんどの場合、人道支援組織が必要とする人々に手を差し伸べる唯一の手段だ。特に紛争が続いている国では、道路や海路でのアクセスが不可能な場合が多い。」と述べた。

UNHASの活動が中断されれば、支援に頼っていた地域は甚大な被害を受けることになる。パンデミックの収束時期にも影響を与える可能性が出てきた。世界各国が協力して資金や物資、人員を捻出し、活動を継続する必要がある。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

FAOと国連WFP、20カ国以上で深刻な飢餓が発生すると警告|新型コロナやサバクトビバッタが影響

患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに

都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中

多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは

コロナ対策のフレックスタイム制「続けたい」が8割超|「働き方改革に関する実態調査」の結果公表

トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求