捨てないテイクアウトカップ「CIRCLE CUP」クラウドファンディング開始!|合同会社ブルドーザー

#SDGs#サスティナブル#食品 2022.11.07

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年11月7日 by 市川 佳歩

テイクアウトカップのシェアリングサービス「CIRCLE CUP(サークルカップ)」を運営する合同会社ブルドーザーは、ソーシャルグッドなプロジェクトに特化したクラウドファンディングサイト「For Good(フォーグッド)」にて、2022年11月7日(月)よりクラウドファンディングを開始します。本プロジェクトにて募集するCIRCLE CUPアンバサダーを通じた認知拡大をするとともに、集めた資金を弊社と契約するCIRCLE CUP提供店の拡大に活用します。

概要

支援のコースは、3,000円から10,000円までの全7コースです。リターン付きのコースでは、CIRCLE CUPパートナーであるRAD BROS CAFEのバスクチーズケーキやフジヤマコーヒーロースターズのコーヒードリップバッグ等をリターン品として、プロジェクト終了後に当該コースの支援者に送付します。CIRCLE CUPアンバサダーコースでは、同コース支援者がCIRCLE CUPアンバサダーとして、飲食店1店舗をCIRCLE CUPパートナーに無料優待することができます。さらに、同者によるCIRCLE CUPの認知拡大を目的としたあらゆる活動は、随時、当社公式SNSにて発表を予定しています。

合同会社ブルドーザーは、CIRCLE CUPを広く展開し、再利用可能な飲食器の普及率を向上させることで、「使い捨てない」が当たり前の社会の実現を目指します。

プロジェクト概要

タイトル :使い捨てないテイクアウトカップ「CIRCLE CUP」を日本中に広げたい!
ページURL :https://rescuex.jp/project/27997
目標金額 :20万円
実施期間 :2022年11月7日(月)~12月16日(金)
資金の使途 :CIRCLE CUPパートナーの拡大

支援コース

CIRCLE CUPアンバサダーコース(3,000円)

お気に入りのカフェがCIRCLE CUPパートナーに!飲食店1店舗を無料優待できるアンバサダーコース
リターン:CIRCLE CUPパートナー無料優待券1枚

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000066341.html

コーヒーで応援コース(5,000円)

おいしいコーヒーを飲みながら応援するコース
リターン:フジヤマコーヒーロースターズのコーヒードリップバッグ6個セット

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000066341.html

チーズケーキで応援コース(8,000円)

おいしいチーズケーキを食べながら応援するコース
リターン:RAD BROS CAFEのバスクチーズケーキ1本

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000066341.html

1on1オンラインミーティングコース(5,000円)

当社代表・中西にCIRCLE CUPについて直接聞いてみたい等、自由にお話しいただけるコース
リターン:Zoomでの会話30分程度

とにかく応援コース

全3コース(3,000円、5,000円、10,000円)

CIRCLE CUPとは

CIRCLE CUPは、当社とパートナー契約する飲食店で提供するテイクアウトカップのシェアリングサービスです。利用者は、CIRCLE CUPパートナーの店舗で、ドリンク代に加え利用料としてCIRCLE CUP1個当たり300円(税込み)を支払うと利用でき、使用済みカップをCIRCLE CUPパートナーに返却すると、エコ協力金として300円(税込み)を受け取ることができます。返却されたカップは店舗にて洗浄の上、繰り返し使用されます。カップの返却はCIRCLE CUPパートナーであれば、ドリンクを購入した店舗以外でも可能です。

CIRCLE CUP利用者は、実質0円で使い捨てカップを削減することができ、資源の節約と二酸化炭素排出の軽減ができ、さらにごみが出ないため、まちの美化に貢献できます。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    SDGsバッジをつけている人ってどんな人?購入方法やつける意味を解説

    日本のLGBTの割合は人口の約10%-高校生での割合や海外との比較も紹介

    新着記事

    省エネからSDGsへ|ブロンコビリーが取り組むサステナブルな取り組み

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

    SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

    スタイリングライフ・ホールディングスが「従業員が歩いて企業のCO2排出量抑制を目指す」

    開発途上国の女性の5割が「からだの自己決定権」持たず|国連機関が発表

    読売広告社 が「YOMIKO都市生活研究所フォーラム2023」開催

    みちょぱさん「買い物がアクションになる」|メルカリがサステナビリティを体験する実店舗「サステなストア」を開店

    コロナ禍で廃プラの処理量「減少した」7割|現在は増加傾向