ZホールディングスがMSCI ESG格付で最上位の「AAA」を獲得|「コーポレートガバナンス」と「人材開発」項目において高い評価

##SDGs目標8#ESG 2022.01.13

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年1月14日 by 隆之介

Zホールディングス株式会社(ZHD)は2021年12月付でMSCI ESG格付け評価にて「コーポレートガバナンス」と「人材開発」項目において高い評価を得て、最上位ランクの「AAA」を初めて獲得した。

SDGsの実現のためには、企業には環境や社会に配慮した経営を行うだけでなく、情報開示を積極的に行うなどガバナンスの整備が求められている。そんな中、ESG投資が注目され、MSCIは世界を代表するESGの格付機関となっている。

▶ESG投資について詳しくはこちら

MSCL ESG格付けでは、企業が環境、社会、ガバナンスのリスクをどの程度管理出来ているかを分析し、最上位ランクのAAAから最下位ランクのCCCまで7段階で評価される。

最高位のAAAは、日本国内では2021年に東レが獲得したほか、2020年に伊藤忠商事も獲得している。

また、ZHDはGPIFが採用している4つのESG指数の「FTSE Blossom Japan Index」、「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」、「MSCI日本株女性活躍指数」、「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の全ての構成銘柄にも選ばれている。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    新着記事

    《必見》SDGs 目標4「質の高い教育をみんなに」の9個の問題点 |問題点に向き合う企業の取り組みも解説

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    「iStock」が2022年のクリエイティブトレンドを予測|サステナビリティに配慮したビジュアルを目指す

    『新語・流行語大賞』に「SDGs」「ジェンダー平等」などがランクイン -2021年はSDGs元年?

    18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

    横浜のユニクロに「緑のドラえもん」|サステナビリティな消費を親子で学ぶクイズラリーが開催

    障害者の働く選択肢を広げたい!1杯のハーブティーがSDGsアクションに|「株式会社スタートライン」×「SDGsACT5大丸有」

    トヨタ、SDGs推進に向けた「Woven Planet債」発行で最大5000億円の調達へ|ウーブン・シティ開発にも資金投入

    「2030年を生き抜く会社のSDGs」販売開始|PR会社サニーサイドアップが社会貢献とビジネスの両立方法を解説