朝日新聞出版、トヨタ自動車、QuizKnock がトリプルコラボ 未来を担う小学生にカーボンニュートラルを学ぶ特別授業を開催!

#カーボンニュートラル 2023.03.20

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2023年3月20日 by 中安淳平

株式会社朝日新聞出版は、昨年12月から、トヨタ自動車株式会社、伊沢拓司さん率いる東大発の知識集団「QuizKnock」とタッグを組み、地球環境の未来について考える「カーボンニュートラルのサバイバル」プロジェクトに取り組んできた。炭素社会を目指す取り組みとして、温室効果ガスの排出量と吸収・除去する量を合わせて、プラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」が注目されている。今回はトヨタ自動車の協賛のもと、 朝日新聞出版とQuizKnockが協力し、「カーボンニュートラル」を子どもたちが正しく理解し、今日からできる取り組みを考えるきっかけを作ることを目的に、ICTを活用した環境教育に取り組んでいる洗足学園小学校の5年生に向けて実施し、ダイジェスト動画を公開した。

 

授業の様子

まずはじめに、朝日新聞出版「ジュニアエラ」「AERA with Kids」編集長 鈴木顕が子どもたちに、カーボンニュートラルを学ぶことの意義と、社会全体で取り組むことの重要性を説明し、今回の出張授業を通じて、今からできることを考えてみてほしい、と語りかた。

朝日新聞出版「ジュニアエラ」「AERA with Kids」編集長 鈴木顕氏

続いて、QuizKnockの伊沢さん、ふくらPさんがサプライズ登場し、子どもたちからは驚きの声と歓声が上がった。

授業は、カーボンニュートラルに関するクイズを鈴木が出題、子どもたちがタブレット端末から回答し、QuizKnockの二人が解説するという形式で進んだ。「カーボンニュートラル」の意味を選ぶクイズでは、ほとんどの子どもたちが正解して、QuizKnockの二人を驚かせた。「電動車」の種類を選ぶクイズでは、示された4つの選択肢、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池自動車(水素自動車)のすべてが正解。カーボンニュートラルを目指す取り組みの一つとして、様々な種類の電動車があることを学んだ。

授業の後半では、「カーボンニュートラルを実現するために、今からできること」をテーマに、グループワークが行われた。伊沢さんとふくらPさんは各班を周り、声をかけてサポート。グループのイチオシ案を発表するプレゼンテーションでは、コロナ禍で学校生活の必需品となった水筒について「夏は大きいものを持っていき、(冬は)保温性がある水筒を選ぶ」という案や、小学生らしい「鉛筆が短くなったら、キャップをつけて使う」といったアイデア、「エアコンを使わないように、服で調整する」など実用的な提案も出された。

授業の最後には、子どもたちからQuizKnockへの質問コーナーが。「幼少期(の環境問題)はどうでしたか」という質問には伊沢さんが、「自分が子どもの頃は、カーボンニュートラルという言葉自体が無かった。僕たち以上にみんなの方が、環境に関する知識が多いので、世の中を良くしていってほしい」と答えた。

授業の締めくくりには、ふくらPさんが「今回の授業で学んだことを覚えて、今日からできることを実践してほしい」、伊沢さんが「今はカーボンニュートラルが世の中に出てきたばかり。みんなが大人になるころには、もっと重要視されているはず。今のうちに勉強しておけば、色んな可能性が開けてくるので、環境についてこれからももっと学んでほしい」と子どもたちに呼びかけた。

 

QuizKnockの伊沢さん

QuizKnockのふくらPさん

 

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    「洗濯ネット」など12企業のマイクロプラ削減技術を評価|環境省によるグッド・プラクティス集

    2021年「ユネスコ/日本ESD賞」の国内公募が開始|すべての目標達成のカギとなる取り組みを支援

    JSTの研究開発センターがSDGs達成に向けた研究を支援|「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードに募集枠を拡大

    Indeed Rainbow Voice 2023|LGBTQ+の人々のリアルを伝えるライフマガジン『BE』第 2 弾の制作が決定!