電通が企業内の合意形成や駆動推進をサポートする 「サステナブルロードマップ」を提供開始

2023.05.26

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2023年5月26日 by 中安淳平

株式会社電通は、サステナビリティ関連の国内外のマクロトレンドや生活者の価値観・行動の変化と、企業が新たに開発する製品・サービスを“時系列”に沿った“一枚絵”で整理でき
る「サステナブルロードマップ」を開発し、2023年5月23日より提供を開始しました。このロードマップの活用によって、企業は、自社のサステナビリティビジネスをグローバルな視点で俯瞰的に把握し、社内の合意形成や意思決定をスムーズに進めることができ、さらには、具体的なアクションに向けた駆動推進ができるようになります。

近年、サステナブル経営に向けた取り組みが加速していますが、サステナブルシフト(サステナブルなビジネスへの転換)においては少なからず時間やコストがかかるため、企業内では「何から始めるべきか」「いつ投資すべきか」「どのタイミングでアクセルを踏むべきか」が決めきれず、取り組みが進みにくいという課題があります。

電通が開発した「サステナブルロードマップ」は、「潮流を把握する」「現状認識する]「発想する」「戦略をつくる」という4つの機能を持ち、企業内での合意形成や意思決定を促し、駆動推進を円滑化するためのツールです。具体的には、マクロトレンドとして①世界の動向・法令・規制、②日本の動向・法令・規制、③素材・技術・プロセストレンド、④業界・競合他社動向、の4つの要素と、生活者の⑦予測される価値観・行動の変容が記載されており、そこに⑤自社の取り組み、⑥自社が新たに開発する製品・サービスをプロットすることで、俯瞰性と一覧性、時系列を持ったサステナビリティビジネスのロードマップができます。
マップでは、外部環境と内部環境要因を鑑みて「いつ」「どのタイミング」で「何」を実施することが効果的かが可視化され、部門・部署を横断した取り組みが求められるサステナビリティビジネスにおいても、社内の合意形成を得やすくなります。その結果、投資・実行の両面においてサステナブルシフトの取り組みがスムーズに進みやすくなるという効果が期待できます。

すでに、日用品業界、食品業界、住宅業界、家電業界についてはロードマップのフレームがあり、その他の業界についても、順次拡大していく予定です。

今後も電通は、社会課題を共に解決するB2B2S※の実現に向けて、顧客企業のサステナブル経営の推進に貢献していくとしています。

 

※ 電通グループが掲げる経営方針。「B-to-B」のさらにその先にある「S」(ソサエティ)と向き合う、「B-to-B-to-S (Business to Business to Society) 」企業グループへ進化し、顧客企業との仕事を通じて、社会課題を共に解決することで、社会全体に中長期的に価値を生み出していく。

 

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    強制労働や人身取引を禁じるILOの議定書に50ヵ国が批准|「現代の奴隷制」に苦しむ2500万人を救うために

    タレント・千秋がプロデュースする新ブランド「エリアCC」が発表|かわいい×サステナブルなエシカルジュエリーを販売

    環境省がフードドライブ推進に向けた検証を開始|神戸市、ダイエー、サカイ引越センターなどと連携

    JAL グループ 「#かくれナビリティ」 をご紹介

    房総半島沖の海底に大量のプラスチックごみ|JAMSTECが発表