橋本聖子会長、IOCに3つの重点施策を報告|「ジェンダー平等推進チーム」発足へ

#SDGs目標5 2021.02.25

この記事をSNSでシェア!

引用:Olympic Channel

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の橋本聖子会長は2月24日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会にオンラインで出席し、会長就任のあいさつを行った。

理事会ではコロナ対策、ジェンダー平等の推進、史上初の大会延期という経験を踏まえた「東京モデル」の継承といった3つの重点施策について報告。組織委内に武藤敏郎事務総長直轄の「ジェンダー平等推進チーム」を発足することも明らかにした

ジェンダー平等推進チームは、小谷実可子スポーツディレクターをヘッドとする。アドバイザーやアスリート委員会などから助言を受けながら、透明性を重視した活動を展開する予定だ。チームメンバーやアドバイザーの選任作業を早急に進める。

また、3月25日に福島県からスタートし、47都道府県を繋ぐ聖火リレーについては、新型コロナウイルス対策ガイドライン作成をはじめとした万全な対策を講じながら進めていく方針も伝えた。「希望の道を、つなごう。」というコンセプト体現を目指し、予定通りにリレーをスタートする構えだ。

橋本会長は「大会までの限られた時間の中でも、今回の取り組みをしっかり進め、後に振り返った時に、その後の日本が大きく変わる転換点だったと言われるよう尽力します」とコメントした。

森喜朗元会長の女性蔑視発言に端を発する騒動を受け、日本のジェンダー平等推進において大きな役割を担うことになった東京オリンピック。SDGs目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の達成に向けた動きに影響を及ぼす組織委の動向は、引き続き注視する必要がある。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

世界の発電源、再生可能エネルギーの割合が約4割に|国際再生可能エネルギー機関が報告書を公開

国土交通省、3D都市モデル開発プロジェクト「Project PLATEAU(プラトー)」よりオープンデータを公開|持続可能なまちづくりに向けた緻密なシミュレーションが可能に

ユニクロ、緑のドラえもんがグローバルサステナビリティアンバサダーに|サステナブルな世界づくりに一歩

都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中

子ども5人に1人が安全な水を確保できず|ユニセフが水不足問題を分析した報告書を発表

患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに