企業や人のサステナビリティ推進活動を“やさしく促す”プロジェクト「GO GREEN PROJECT」始動|母体はPR会社サニーサイドアップ

#サスティナブル#ビジネス#持続可能 2021.10.07

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年10月7日 by 大森令賀

提供:株式会社サニーサイドアップグループ

株式会社サニーサイドアップグループは、国連総会会期中(2021年9月17日〜9月26日)に開催されたSDGs週間(Global Goals Week)にあわせて、企業や人のサステナビリティ推進活動を“やさしく促す”プロジェクト「GO GREENPROJECT」を始動した。

プロジェクトの第1弾として、サニーサイドアップグループ本社拠点のオフィスで実践しているサステナビリティ推進活動を「8 のアクションリスト」として発表。各アクションをピクトグラム素材としてまとめ、他企業の方でも活用いただけるようホームページ上で無料公開している。

「8 のアクションリスト」

NO.1 ECO MATERIAL
洗剤・お菓子・名刺など環境に配慮した素材を使った製品を使用しています。
NO.2 NO FOOD LOSS
飲食店からまだ食べられる食材をいただきセントラルキッチンで調理しています。
NO.3 ECO GOODS
オリジナルマイボトル&マイバッグ等を社内販売。お揃いアイテムでたのしくエコを実践。
NO.4 ENERGY
サーキュレーターの導入やこまめな節電で空調負荷を低減。再生可能エネルギーにオフセット。
NO.5 SDGs MARK
オフィスのエコな場所に SDGs マークを。すべてのアクションを見える化し意識も向上。
NO.6 REDUCE PLASTIC WASTE
どうしてもペットボトルを使う時はなるべくラベルレスを選びプラごみ減へ。
NO.7 RECYCLE
ついつい買ってしまう傘も社内でシェア。社内フリーマーケットを開催し社内全体 3R を推進。
NO.8 PAPERLESS
紙をなるべく使わず、デジタル化を推進!使用した紙の量を”見える化”し意識改革へ。

提供:株式会社サニーサイドアップグループ

サニーサイドアップグループはPRコミュニケーショングループとして、SDGs が採択される以前から、社会課題解決を目的としたさまざまな参画型プロジェクトを手掛けている。近年では、社会課題解決を推進する「ソーシャルグッド推進室」や「株式会社グッドアンドカンパニー」の活動を始動。パブリックリレーションズの力を通じて、各クライアント企業が有する“会社の課題”を解決するだけではなく、“社会の課題”にもスポットライトを当てることで、社会全体の変革に挑み続けている。

そんな中、今回のSDGs週間にあわせて企業間を横断した参画型プロジェクトを創出できないかと企画されたのがこの「GO GREENPROJECT」。第1弾はコロナ禍において価値が再定義されている「オフィス空間」に着目した。

上記の「8 のアクションリスト」とあわせて、他企業の多様なオフィス・テレワーク環境下でも、SDGs 達成へ向けたサステナビリティ推進活動を導入しやすくなるように、各アクションに紐づいた「14 のピクトグラム」も作成。こちらもホームページ上で無料公開されている。

「14 のピクトグラム」

提供:株式会社サニーサイドアップグループ

SDGs週間に合わせて企業もさまざまな取り組みを見せているが、SDGsとビジネスが密接に関わってくるようになっている中で、今後もSDGsを1つの取り組みの軸とする企業が増えてくるに違いない。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

新着記事

SDGsの基礎知識

《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは

都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中