エアトランク、クリーク・アンド・リバー社と共同でライフサポートサービス開始 |宅配型トランクルームでYouTuberや動画クリエイターのライフをサポート

#SDGs目標12#サスティナブル#環境 2021.10.24

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年10月24日 by 大森令賀

引用:エアトランク

宅配型トランクルームを提供するエアトランクは2021年9月24日(金)より、クリエイターの支援を手がけるクリーク・アンド・リバー社と共同で、物の保管や整理収納、引越しの悩みを解決するライフサポートサービスの提供を開始した。

クリーク・アンド・リバー社は、「The Online Creators(OC)」というMCNを運営しており、今回のサービスはそこに所属する動画クリエイターを対象にしたサポートサービスとなっている。サービスを利用するクリエイターは、エアトランクのサービス体験レビューを公開することで、宅配型トランクルーム利用や整理収納サービスなど、さまざまなサポートを受けることができる。

CHECK!!
MCNとは、マルチチャンネルネットワークの略。YouTube上の複数のチャンネルと提携し、プロモーション、制作支援、 視聴者の獲得や収益の分配など、契約クリエーターに対してさまざまな支援策を提供するネットワークのこと。

これにより、「機材や備品が多く撮影および生活スペースが圧迫されてしまう」や「収納スペース の確保のために引越しをすることも多く希望の物件が見つからない」などといったクリエイターの課題解決が可能になる。

概要は以下参照。

提供開始日:2021年9月24日(金)
対象:MCN「The Online Creators(OC)」に加入する動画クリエイター
OCと提携する企業に所属する動画クリエイター
内容:撮影機材・備品・私物の保管スペースや、引越しの際の作業・費用等をサポート(1)トランクルームサービス1.0畳プラン(1年間)を無料提供(2)引越し前後楽々収納サービス 20万円(税別)相当を無料提供 ほか
条件:(1)エアトランクのサービス紹介動画を制作、自身のYouTubeチャンネルで公開(2)自身の持つSNSにエアトランクのサービスを紹介※サービス利用には事前の審査が必要。

宅配型トランクルーム「エアトランク」とは

「エアトランク」は、荷物の集荷や 配送をPCやスマートフォンでいつでも依頼することができる、日本初の集荷・配送無料の完全宅配型トランクルーム。荷物のWEB管理システムなどを導入し、梱包なしでいつでも好きな時に玄関先まで荷物を引き取りに来るため、「自宅の収納スペースの延長線上」 にあるような手軽さで利用できる。

オプションサービスとして、お客様のお部屋づくりをお手伝いする「整理収納サービ ス」も提供。そのほか、衣類や布団の「クリーニング」、お預かりしている荷物の「全国発送 代行」や「処分」などにも対応している。

また、エアトランクは、サステナブルな環境貢献を考え、モノのリユースや譲渡の仕組みも トランクルームサービスに取り入れており、マイページ上で利用者が不要となったモノを必要とする人に譲渡したり、もらい受けたりすることができる。

リユースなどでゴミの削減に努めることは、SDGs目標12「つくる責任、つかう責任」に貢献する。個人としても持続可能な社会に貢献する機会を提供するこのサービスは、SDGsの観点でも非常に魅力的なサービスとなっている。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    「2030年度までに温室効果ガス削減46%」経済界が賛同|経団連、日商が意見を表明

    横浜のユニクロに「緑のドラえもん」|サステナビリティな消費を親子で学ぶクイズラリーが開催

    SDGs目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」がテーマのイベントが開催決定|テクノロジーを活用した達成方法を紹介

    環境省がフードドライブ推進に向けた検証を開始|神戸市、ダイエー、サカイ引越センターなどと連携

    23卒就活生の73.1%が「SDGs」について認知、「企業選びで重視」は22卒より7.2ポイントUP