ポイントサイト「モッピー」 SDGs寄付プラットフォーム「モッピー×SDGs」を開設

2021.11.05

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年11月5日 by 大森令賀

提供:株式会社セレス

株式会社セレスが運営する、累計900万人が登録するポイントサイト「モッピー」は2021年11月1日より、SDGs寄付プラットフォーム「モッピー×SDGs」を開設した。SDGsに特化した寄付プラットフォームの開設は、ポイントサイトとしては「モッピー」が初めて。

「モッピー」は、モッピーユーザーに対して「SDGsに関する意識調査」を2021年10月に実施した。その結果約4万3千人からの回答があり、約8割がSDGsを認知はしているが、実際に意識し行動しているユーザーは1割程度ということが分かった。SDGsの認知度は高まっている一方、個人として意識して取り組んでいる人が多くないという現状を受け、今回の寄付プラットフォームの開設に至った。

SDGs寄付プラットフォーム「モッピー×SDGs」では、モッピーのアクティブユーザー約350万人が、モッピー内で貯めたポイントをSDGsの17の目標ごとに1ポイント=1円として、1ポイントから15団体へ寄付することができる。なお、振込手数料は株式会社セレスが全額負担する。ユーザーがSDGsを身近に感じ、SDGsに対して行動を起こすことが狙いだ。
「モッピー×SDGs」はこちら

寄付できる団体一覧

・一般財団法人あしなが育英会
・認定NPO法人ウォーターエイドジャパン
・公益財団法人オイスカ
・認定NPO法人カタリバ
・一般社団法人グラミン日本
・公益社団法人国土緑化推進機構
・認定NPO法人国連WFP協会
・認定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパン
・認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
・日本赤十字社
・公益財団法人日本ユニセフ協会
・認定NPO法人ぱれっと
・認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
・公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン
・認定NPO法人フローレンス

企業向けの掲載の問い合わせはこちら▼
問い合わせフォーム

国連での採択から5年経過した昨年、国連は新たに目標達成の年である2030年までの10年間を「行動の10年」としており、1人ひとりの当事者意識がより一層重要になっている。そのような中での「モッピー×SDGs」の開設は、個人がSDGsに取り組む良いきっかけとなり、非常に価値のある取り組みであると言えるだろう。個人でできる取り組みについては以下を参考にしてほしい。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速

    2021年版、日本の「働きがいのある会社」ランキング発表|働きがいのある会社となる必要条件とは?

    JSTの研究開発センターがSDGs達成に向けた研究を支援|「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードに募集枠を拡大

    日本マイクロソフト、デジタル人材育成に向けた協業を開始| 日本のDX推進に向け、新たに2万人のデジタル人材創出か

    SDGs目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」がテーマのイベントが開催決定|テクノロジーを活用した達成方法を紹介