「ハートサポート2022」プロジェクト2月1日より始動 | 母体は大王製紙株式会社

#SDGs目標5#女性#女性支援 2022.02.18

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年2月18日 by 大森令賀

提供:大王製紙株式会社

大王製紙株式会社は2月1日より、世界中の女の子の自立を実現するための支援活動「ハートサポート 2022」を始動した。昨年に引き続き、SNSを通じた布ナプキンの作製支援を行う。

「ハートサポート」は、2018 年発売の生理用品『エリス コンパクトガード』とともにスタートしたプロジェクト。世界中の女の子たちの環境について考え、行動するきっかけにしてほしいとの想いから、10 月 11 日の「国際ガールズ・デー」に始動し、今年で 4 回目を迎える。

CHECK!!
国連によって 2011 年に採択された「女の子たちの権利」や「女の子のエンパワーメント」の促進を広く国際社会に呼びかける日

この活動を通して大王製紙株式会社は、ザンビア共和国・首都ルサカ市のスラム街にて生理用ナプキンを買うことができず、不衛生な代用品で感染症のリスクを抱える女の子たちをサポートしてきた。一過性の支援ではなく、生理用品をくり返し利用できるよう、布ナプキンの作製支援を行うコミュニティスペースを開設し、作製した布ナプキンの販売によって収入を得る機会を提供すると同時に、健康・衛生・性に関する知識の普及をすることで、女の子たちを取り巻く環境や意識の改善に取り組んできた。

2022年度は、昨年から始動したSNS のメッセージが支援につながる参加型プロジェクトを引き続き行う。Twitter でハッシュタグ「#エリスハートサポート」をつけて【ザンビアへのエール】を投稿すると、1 件の投稿につき布ナプキン1枚の作製費が支援される。

また、新たな取り組みとして、3 月 5 日(土)より渋谷区立宮下公園で開催される、夢に向かう若者を応援するイベントに「ハートサポート」オリジナル支援販売機を設置する。この販売機で「支援」を 500 円〜 2,000 円で購入すると、金額に応じた枚数分の布ナプキンの材料費(1 枚 500 円)がザンビアに届けられる。また、御礼品としてオリジナルエコバッグ(限定 1,000 枚)をもらうことができる。

・布ナプキン作製支援概要
【期間】2022年2月1日 火 ~3月31日 木
【概要】Twitterでハッシュタグ「#エリスハートサポート」がついたザンビアの女の子へのエール投稿をし、同数の布ナプキンの作成支援を行う。
(参加受付は5,000件を上限とする)
【支援先】ザンビア共和国 ルサカ市のスラム街(ジョージ地区)
【特設サイト】https://www.elleair.jp/hs/

・エリス「ハートサポート2022」オリジナル支援販売機 展開概要
【名称】 ハートサポートオリジナル支援販売機
【設置期】 2022年3月5日(土)~3月18日(金)
【設置場所】『MIYASHITA CULTURE PARK~NEW STAGE~ (仮)』会場(渋谷区立宮下公園内)
【公式HP】 https://www.elleair.jp/hs/
【お問合せ】 エリエールお客様相談室 TEL:0120-205205(受付10:00~16:00土日祝日を除く)
MAIL:https://www.elleair.jp/inquiry/rules

関連記事:
《SDGs基礎》目標5「ジェンダー平等を実現しよう」を徹底解説>>

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    「2030年を生き抜く会社のSDGs」販売開始|PR会社サニーサイドアップが社会貢献とビジネスの両立方法を解説

    くら寿司100%出資のKURAおさかなファーム設立|「スマート養殖」で人手不足解決や、国内初のオーガニックフィッシュを生産

    トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速

    「エコ」「再利用」作品の販売数が昨年比4倍|ハンドメイドマーケットプレイスでエシカル消費浸透

    強制労働や人身取引を禁じるILOの議定書に50ヵ国が批准|「現代の奴隷制」に苦しむ2500万人を救うために

    18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

    多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは