天然素材”みつろう”でエコな食品用ラップ作り|西武造園株式会社

#SDGs#サスティナブル#再利用#持続可能 2022.10.19

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年10月19日 by 市川 佳歩

西武造園株式会社は、2022年10月23日(日)サーキュラーエコノミー体験フェス「横浜Plus」で、ミツバチを通じて地域の自然環境を考えてもらうための無料「はち育®」ワークショップを実施します。

「はち育®」とは、神奈川県横浜市にある「横浜市アメリカ公園」で西武造園株式会社が2013年から行っている「みつばち」を通じて環境に興味をもってもらうための活動です。体験フェスの会場では、「横浜市アメリカ公園」で採れた天然素材の”みつろう”を材料にして繰り返し使えるエコな食品用ラップ作りを体験できます。その他にも、みつばちの巣の観察体験や、みつばちの生態を楽しむことができるクイズ、紹介パネルが展示されます。

開催概要

「はち育®」プログラム1:「みつろうラップ作り」

実施時間:10:30より全6回(最終15:15~)
所要:約15分
定員:各回5名
参加費:無料 ※各回整理券を配布予定(当日受付)

「はち育®」プログラム2:「みつばちの巣観察」

実施時間:10:45より全5回(最終15:30~)
所要:約15分
定員:各回10名
参加費:無料 ※各回整理券を配布予定(当日受付)

通常は見ることができない巣の中での活動の様子を、ガラス越しに間近で観察することができます。

「はち育®」プログラム3:「みつばちクイズ」

実施時間:10:30より全6回(最終15:15~)
所要:約15分
定員:各回5名
参加費:無料 ※各回整理券を配布予定(当日受付)

【横浜産はちみつを使った飴をプレゼント!】
クイズに挑戦していただいた方には、横浜市新杉田公園でとれたはちみつを使用した飴「Honey Drops」を一粒プレゼント!(先着200名)

イベント詳細:よこはま共創博覧会 横浜市 (yokohama.lg.jp)

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    渋谷区でリユース容器シェアリングサービス実証実験開始|株式会社カマン

    紛争地で暮らす幼児の死亡率、下痢性疾患が暴力の20倍|ユニセフが武力紛争による水インフラの被害を検証

    コロナ対策のフレックスタイム制「続けたい」が8割超|「働き方改革に関する実態調査」の結果公表

    2020年度に回収された廃家電4品目は約1602万台で前年度比約8.4%増|液晶式・プラズマ式テレビは約26.4%の増加

    JSTの研究開発センターがSDGs達成に向けた研究を支援|「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードに募集枠を拡大