民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

#SDGs目標16#司法#暴力 2021.06.03

この記事をSNSでシェア!

引用:user17446225のfreepik

日本ユニセフ協会は5月26日、民法の「懲戒権」に関する規定(822条)が削除されるよう、法務省に対して意見書を提出した。

民法には「監護及び教育に必要な範囲内で、懲戒することができる」(第822条)との規定がある。懲戒とは、不正・不当な行為に対して、戒めの制裁を加えることを指す。同規定の解釈によっては「子の利益のため」であれば、暴力の使用を認める余地を残しており、児童虐待を正当化しかねない文言として課題視する声もあがっていた。

これをふまえて法務省は、民法(親子法制)の改正に関する検討を推進。なお、日本の民法典のモデルとなったと言われているフランスやドイツの法律では、すでに懲戒の定めは除かれている。

同省が2021年2月に公示した「民法(親子法制)等の改正に関する中間試案」では、「懲戒権」のあり方について3案が示された。

  1. 懲戒権の規定を削除する
  2. 「懲戒」の文言を変更する
  3. 体罰禁止を明確化する

日本ユニセフは、2010年に児童虐待防止のための親権制度の見直しが行われた際にも、今回と同趣旨の意見書を法務省に提出している。「懲戒に関する規定を見直すこと」を検討課題とするだけでなく、児童虐待防止法の改定と並行して民法822条(懲戒)第1項、第2項を「削除」することを要望してきた。

その理由として、「懲戒」という言葉は厳罰を想起させ、体罰を容認しかねないことなどを挙げている。

また、同協会は、中間試案で言及された嫡出の推定の規定の見直しについて、子どもの人権が最優先に確保される形で実現することを求めている。

SDGsゴール16「平和と公正をすべての人に」では、「子どもに対する虐待、搾取、人身売買およびあらゆる形態の暴力および拷問を撲滅する」ことがターゲット16.2として掲げられている。児童虐待は、身体的なダメージだけでなく、トラウマやPTSDとして精神的なダメージも与える場合がある。いかなる視点からも正当化が許されない行為だ。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

「SDGsに貢献する企業ブランドランキング」発表|生活者から高い評価を受けた企業・業種は?

18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

国連主催の刑事司法会議「京都コングレス」閉幕|SDGs達成に向けた司法制度の構築を国際協調で推進

瀬戸内海の環境改善に向けた特措法改正案を閣議決定|水産資源の持続可能な利用方法を模索

東京都「未来の東京」戦略(案)を発表|「自然」と「便利」が融合する持続可能な都市に。

SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

FAOと国連WFP、20カ国以上で深刻な飢餓が発生すると警告|新型コロナやサバクトビバッタが影響