女性と社会に気づきを与えるキャンペーン「egg week」開催決定|女性活躍を支援するプロジェクト「W society」

#SDGs目標5#ジェンダー#女性 2021.10.20

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年10月20日 by 大森令賀

提供:W society実行委員会

W society実行委員会は2021年10月28日(木)~11月4日(木)まで、自分自身のカラダを知るきっかけづくりを啓発し、女性と社会に「気づき」を与えるキャンペーン「egg week」を実施する。

「egg week」の取り組みを発信するアンバサダーとして、阿部詩選手(柔道家)、島袋聖南さん(モデル)、長谷川ミラさん(モデル)の3名がプロジェクトに参画する。「egg week」初日の 10 月 28 日(木)には、女性のヘルスケアやライフデザインをテーマとした一般向けカンファレンスが開催されるが、アンバサダーの3名の登壇が予定されている。また、アンバサダーの3名は「egg week」公式サイトやSNSを通じて、コメントや想いをまとめた特別コンテンツを発信する予定。

提供:W society実行委員会

カンファレンスの第一部は「AMH 検査から紐解くライフデザイン〜未来の妊娠・出産のために、カラダの今を知る方法とは?〜」と題し、AMH 検査にまつわる基礎知識を産婦人科医師が解説。妊娠・出産といった「これからのライフプランの選択肢」について考えながら、今だからこそ知っておきたい「AMH 検査にまつわるキホン」を紐解く。

第二部では「カラダと向き合い私を描く〜女性の不調に備えるためのヒントとは〜」と題し、ライフステージごとに変化する女性の不調に着目。生理痛や生理不順といった日々の悩みをはじめ、不調や不安と向き合い、自分らしく輝くためのヒントを紐解く。

カンファレンスの概要は以下参照。

「egg week カンファレンス」
日時:2021年10月28日(木)  第一部:18:00~19:00 第二部:19:30~20:30
会場:AOYAMA GRAND HALL(東京都港区北青山 2-14-6)および YouTubeライブ配信
参加費:無料
定員:会場参加は各回50名(予定)※オンラインは事前登録制でライブ・アーカイブ共に視聴可能
応募方法:以下2つのカンファレンスプログラムから、希望の回と参加方式(会場参加/オンライン)を選択し、以下サイトから申し込み
申し込みはこちら

W societyとは

「W society」は、女性を取り巻く「心身的課題」と「社会的課題」という2つの課題に対して向き合い、解決を目指していくために組成されたプロジェクトであり、これに賛同した企業(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社、株式会社サニーサイドアップグループなど)により、W society実行委員会が構成されている。

当プロジェクトでは、KNOW【知る】、LEARN【学ぶ】、CHANGE【変える】という3つのテーマを軸に活動を展開する。

提供:W society実行委員会

 

SGDs目標5「ジェンダー平等を実現しよう」には、女性を含むジェンダーを理由にした差別をなくすためのターゲットが盛り込まれている。ジェンダーに関係なく全ての人が輝く社会の実現のためにも、本イベントに参加してみてはいかがだろうか。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    日本マイクロソフト、デジタル人材育成に向けた協業を開始| 日本のDX推進に向け、新たに2万人のデジタル人材創出か

    JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

    ユニセフ事務局長が年次公開書簡を発表|国際社会が注目すべき5つのテーマとは

    JSTの研究開発センターがSDGs達成に向けた研究を支援|「社会的孤立・孤独の解決」をキーワードに募集枠を拡大

    経済産業省、M&A支援機関に係る登録制度を創設

    TBMが運営するECサイト「ZAIMA」、海洋ごみから再生されたポリエステルを原料に使用したファッションブランド「MALIBU SHIRTS」の販売を開始

    瀬戸内海の環境改善に向けた特措法改正案を閣議決定|水産資源の持続可能な利用方法を模索