Indeed Rainbow Voice 2023|LGBTQ+の人々のリアルを伝えるライフマガジン『BE』第 2 弾の制作が決定!

2023.04.24

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2023年4月24日 by 杉山さくら

「Indeed (インディード)」の日本法人である Indeed Japan(インディード ジャパン) は、ダイバーシティのある働き方を推進するプロジェクト『Indeed Rainbow Voice』の一環として、昨年に続きLGBTQ+コミュニティに属する人たちの仕事探しや、職場におけるさまざまな声をもとにしたライフマガジン『BE』第2弾を制作することを決定しました。そこで4月20日から 5月15日(月)まで、特設サイトにてLGBTQ+当事者だけでなく、活動を支援したいと考えている人や雇用する企業など、LGBTQ+を取り巻くさまざまな「声」を募集しています。

Indeed は「We help people get jobs.」をミッションに掲げ、誰もが公平に自分にあった仕事を見つけられる社会の実現を目指しています。また、職場となる企業や同僚が、あらゆる人たちに対して働きやすい職場を実現するためのヒントを得たり、最初の一歩を踏み出すきっかけ作りを目指しています。

ダイバーシティのある働き方が少しずつ広がり、誰もが自分らしく生き生きと働ける仕事や働き方との出会いにつながれるために、本プロジェクトを通して、LGBTQ+コミュニティや、ともに働く人たちの「声」を社会に届けています。

『Indeed Rainbow Voice』プロジェクトとは

Indeed は、2021年に「Indeed Rainbow Voice」プロジェクトを開始しました。Indeed Rainbow Voiceでは、LGBTQ+コミュニティの人たちの仕事探しや職場におけるさまざまな想いや意見、違和感などの「声」を集め、世の中の働く人々が雇用における障壁や課題を知り、それを理解する機会をつくっています。また2022年には、集まったさまざまな声をもとに、ライフマガジン「BE」を発刊しており、LGBTQ+当事者のみならず、*アライの人々も周りに当事者がいないと思っている人など、働くあらゆる人々にLBGTQ+コミュニティの人たちの声を届けてきました。

*LGBTQ+コミュニティの人たちを理解し、支援したいと考えている人

プロジェクト背景

プロジェクト開始にあたって、LGBTQ+の当事者1,000名を対象に、仕事探しや職場における意識調査を実施した結果、仕事探しや職場において不安やストレス、生きづらさを感じるなど、LGBTQ+当事者が働く上で障壁や偏見が存在していることが明らかになりました。この結果を受けて、2023年度は雇用側の企業や職場内の同僚・上司にむけた『BE』を制作することを決定しました。

プロジェクト概要

実施期間:2023 年 4 月 20 日(木)~6 月 30 日(金)
2023 年 4 月 20 日(木) Indeed Rainbow Voice 2023 特設サイト開設
2023 年 4 月 20 日(木)~5 月 15 日(月) 特設サイト上の応募フォームより、「声」を募集
2023 年 4 月 22 日(土)・23 日(日) 東京レインボープライド 2023 に Indeed ブース出展

ブース内で「声」を募集
2023 年 6 月下旬 『BE』第 2 弾公開・無料配布、書店企画展開
・特設サイト URL:https://jp.indeed.com/cm/be-magazine-2023

内容

声の募集:仕事探しや職場における LGBTQ+コミュニティを取り巻くさまざまな人たちの声を募集

LGBTQ+コミュニティの人たちが、仕事探しや職場において感じた「違和感や不安」、「自分らしく働くことができたエピソード」などの声、また「LGBTQ+コミュニティの人たちが働きやすい職場づくりのための取り組みをしている企業のエピソード」や「これからダイバーシティを推進していきたいと考えている企業担当者」の声などを広く募集し『BE』第 2 弾を制作。

『BE』の制作:LGBTQ+コミュニティの人たちの“リアルな働く”を知り、“これからの働く”を考えるライフマガジン『BE』第 2 弾の制作

さまざまな人から寄せられた声をもとに『BE』第 2 弾を制作します。LGBTQ+コミュニティの人たちが自分らしく生き生きと働く姿を紹介する、“リアルな働く”を知る「Work Gallery」セクションと、企業の取り組みにおける課題や方法をまとめた、LGBTQ+コミュニティの人たちの“これからの働く”を考える「for Workplace」セクションの 2部構成となります。

『BE』の配布:LGBTQ+コミュニティやともに働く人、企業が集う“場”となる書店企画の展開

都内の書店にて、『BE』の無料配布を実施するとともに「新しい働き方、生き方と出会う」をテーマに『BE』編集スタッフをはじめ LGBTQ+当事者が選ぶ書籍を集めたブックフェアやトークイベント、『BE』をヒントに、ダイバーシティのある職場づくりについて考えるワークショップなど、LGBTQ+コミュニティやともに働く人、企業が集い、交流したり一緒に考えたりすることのできる場つくりを行います。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    Getty ImagesとDoveが協同主催する女性やノンバイナリーのクリエイターの活動を支援する「#ShowUs」|助成金プログラム4回目の受付開始

    コロナ禍で廃プラの処理量「減少した」7割|現在は増加傾向

    「ボトルtoボトル」の水平リサイクルを薬局で | 株式会社寺岡精工

    AIで事業系食品ロス324万トンを0にする「AI0プロジェクト」始動|母体はAI活用プラットフォームを提供するMatrixFlow

    未利用海藻を商品化した海藻スープ新発売!|一般社団法人東の食の会