『エル・ショップ』がリクエスト型受注生産システム 「TSUKUTTE(ツクッテ)」を導入

2023.06.15

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2023年6月15日 by 中安淳平

株式会社ハースト婦人画報社は、2023年6月15日(木)よりオンライン・セレクトショップ『ELLE SHOP(エル・ショップ)』にリクエスト型受注生産システム「TSUKUTTE(ツクッテ)」を導入しました。

環境省によると、服1着を生産する際に排出されるCO2排出量は500mlのペットボトル約255本製造相当とも言われ、ファッション産業は環境負荷が高い産業のひとつとして挙げられます※1
この度新たに導入される「TSUKUTTE(ツクッテ)」は、お客さまから一定数の生産リクエストが得られた場合にのみ、ブランド側に商品の生産を依頼するリクエスト型の受注生産システムです。リクエスト数が生産可能な最低ロット数に未達の場合は生産を行わないことで、余剰在庫の廃棄を避けることができます。リクエスト募集期間内に必要なリクエスト数が集まらなかった場合は、募集〆切の翌日にお客さまにメールで通知され、注文はキャンセルされます。ブランド側は余剰在庫のリスクを負うことなく追加販売による売上増を見込めるほか、新商品のテストマーケティングとしても本システムを活用できます。まずは人気ブランド「Americana(アメリカーナ)」、「TEECHI(ティーチ)」の計2ブランドの受注生産リクエストを募集開始し、今後は対象ブランドを広げていくとしています。

今回の新システム導入にあたり、『ELLE SHOP』B2C事業本部マーチャンダイジング部第1課課長の堀中 朋之氏は、「ELLE SHOPでは、持続可能なビジネスを実現するために、さまざまな取り組みを続けています。『TSUKUTTE』は、お客様のリクエストにお応えしつつ、ファッション業界の余剰在庫を減らしたいとの思いから生まれました。また本システムは、ブランド側においては、在庫リスクに起因する機会損失を解消することができるほか、テストマーケティングの場としてもご活用いただくことが可能です。ELLE SHOPはお客様とブランドの架け橋となって、ファッション業界の課題解決に貢献したいと考えています。このような環境に配慮した仕組みが業界全体に広がることを期待しています。」とコメント。

『ELLE SHOP』は“上質なアイテムを必要な分だけ”バイイングすることで、計測を開始した2015年以来、買取商品の廃棄率を0%台に維持してきました※2。2022年秋冬には、適切なケアで洋服を長持ちさせ、着なくなった洋服を買い取って再流通させる仕組みをテストするべく、期間限定で白洋舍の宅配クリーニングとRAGTAGの宅配買取とのコラボレーション・キャンペーンを実施。このキャンペーンはお客様からも好意的な反響をいただき、2023年春夏も「衣替えキャンペーン」として2023年3月31日(金)から6月30日(金)まで実施中です。『ELLE SHOP』は、お客さま、ステークホルダーの皆さまと手を携えて、環境負荷低減に向けて取り組みを始めています。

※1 出典:環境省「サステナブルファッション
※2 参照:ELLE SHOP「SUSTAINABLE CHOICE

 

↓「TSUKUTTE」リクエスト対象商品などの詳細はこちらから↓

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    「ボトルtoボトル」の水平リサイクルを薬局で | 株式会社寺岡精工

    経済産業省、M&A支援機関に係る登録制度を創設

    コロナ禍による温室効果ガス排出量の減少、気候変動への影響は限定的|JAMSTECなどが参画する国際研究チームが発表

    就活生のSDGsの認知率 95.9%、6割以上の学生が就職活動においてSDGsを意識|株式会社学情による調査

    トヨタ、SDGs推進に向けた「Woven Planet債」発行で最大5000億円の調達へ|ウーブン・シティ開発にも資金投入

    3人のイチローが語るSDGs⁉SMBC日興証券株式会社が新TVCMを公開!