横浜・都内3ホテルで環境配慮の化粧品配布|神奈川大がグローバルホテルとの連携開始

#SDGs目標14#SDGs目標17 2021.05.28

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年5月28日 by 佐野 太一

提供:神奈川大学

神奈川大学は5月27日、横浜ロイヤルパークホテル、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ、ザ・キャピトルホテル東急とSDGsへの取り組みで連携することを発表した。

グローバルホテルと高等教育機関の枠組みを利活用し、主に環境負荷の低減に取り組む。プロジェクトの第一弾は、同大学の研究・開発によって生まれた界面活性剤フリーの化粧品「PROUD BLUE」のホテルゲストへの配布だ。

品目は化粧水、美容ジェル、日焼け止め、ハンドクリーム、顔・からだ用クリーム。同大学キャンパスの生協やオンラインショップで販売が開始されている。

化粧品に用いられる主要な成分の1つである界面活性剤は、肌への負担になるだけでなく、洗顔などで洗い流されて河川へ流出した際にも分解されず、海洋汚染につながるといわれている。同大学の特許技術「三相乳化技術」が水と油の融合を可能にしているという。

提供:神奈川大学

◎各ホテルで行われる配布の詳細

横浜ロイヤルパークホテル【横浜市西区みなとみらい2-2-1-3/総支配人:雄城隆史】
アイテム: モイスチュアローションとUVジェル
対象ゲスト: スカイリゾートフロア「ザ・クラブ」宿泊ゲスト
提供方法: 「ザ・クラブ」レセプションデスクにて、希望者に配布
期間: 2021年5月1日(土)~予定数が終了次第

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ【横浜市西区北幸1-3-23/総支配人:石原哲也】
アイテム: モイスチュアローションとハンドクリーム
対象ゲスト/提供方法: ペストリーショップ「ドーレ」にて、1500円以上お買い上げの方に配布
期間: 2021年5月20日(木)~予定数が終了次第

ザ・キャピトルホテル 東急【東京都千代田区永田町2-10-3/総支配人:末吉孝弘】
アイテム: モイスチュアジェルとUVジェル
対象ゲスト/提供方法: 宿泊プラン「おこもり東京ステイ」・「プレママステイプラン」の宿泊者にチェックインカウンターにて配布
期間: 2021年6月1日(火)~予定数が終了次第

神奈川大学は、2019年4月に「SDGsへの神奈川大学のコミットメント」を表明。ダイバーシティ推進を中心とした取り組みを続けている。大学の社会貢献度をSDGsの枠組みで可視化する「THE University Impact Rankings 2020」では、2年連続ですべての項目にランクインした。

SDGsゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」では、さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略をもとにした効果的な公的、官民、市民社会の連携の推進が訴えられている。これまでの枠組みにとらわれない産官学の包括的なパートナーシップの締結に期待したい。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

SDGsの取組みは”超長期財務領域”|共通言語としてのSDGsに取り組むエスビー食品

新着記事

《2021年 最新版》SDGsの認知度 |世代別、年別推移、国別まで網羅

SDGsの基礎知識

《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

「2030年度までに温室効果ガス削減46%」経済界が賛同|経団連、日商が意見を表明

「SDGsに貢献する企業ブランドランキング」発表|生活者から高い評価を受けた企業・業種は?

消費者庁、食品ロス削減推進大賞受賞者を発表|日本の消費者一人ひとりに広がる取り組み

就活生のSDGsの認知率 95.9%、6割以上の学生が就職活動においてSDGsを意識|株式会社学情による調査

2021年「ユネスコ/日本ESD賞」の国内公募が開始|すべての目標達成のカギとなる取り組みを支援

世界の発電源、再生可能エネルギーの割合が約4割に|国際再生可能エネルギー機関が報告書を公開