トヨタとENEOS、ウーブン・シティで水素エネ活用へ|実験都市で実証実験が始動

#SDGs目標7 2021.05.11

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年5月11日 by 佐野 太一

引用:トヨタ自動車ニュースリリース

トヨタ自動車とENEOSは5月10日、技術開発のための実験都市「Woven City(ウーブン・シティ)」における水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始したと発表した。

日本や世界の多くの国が宣言する「2050年カーボンニュートラル」実現への貢献を目指す取り組みだ。トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスとともに、水素を「つくる」「運ぶ」「使う」の一連のサプライチェーンに関する実証をウーブン・シティとその近隣で行う。

両社が取り組むのは以下の4項目。

  1. ENEOSによるウーブン・シティ近隣での水素ステーションの建設・運営
  2. ENEOSが水素ステーションに設置した水電解装置にて再生可能エネルギー由来の水素(グリーン水素)を製造し、ウーブン・シティに供給。トヨタが燃料電池(FC)発電機をウーブン・シティ内に設置し、グリーン水素を使用する
  3. ウーブン・シティとその近隣における物流車両のFC化の推進とFC車両を中心とした水素需要の検証および需給管理システムの構築
  4. ウーブン・シティの敷地内に設置予定の実証拠点における水素供給の先端技術研究

石油大手のENEOSは、四大都市圏で商用水素ステーションを45カ所展開しており、本格的な水素の大量消費社会を見据えたグリーン水素のサプライチェーン構築などにも取り組んでいる。

同社社長の大田勝幸氏は、「世界規模でカーボンニュートラルに向けた動きが加速するなか、水素エネルギーはその実現の切り札として期待されています。今回、水素社会の形成をリードするトヨタと共に、ヒトと水素が共存する新しいライフスタイルの創出につながる実証を進めていく意義は極めて大きいと考えます」とコメント。

トヨタの豊田章男社長は、「今後ENEOSと一緒に、ウーブン・シティというリアルな場で『ヒト中心』に、地域とともに、水素を使った暮らしのあり方や技術を検証し、その原単位を日本全国や世界に展開できるよう、取り組んでまいります」と語った。

製造過程から燃焼までに一切の二酸化炭素を輩出しないグリーン水素の普及は、SDGsゴール7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」の達成に直結するテーマ。もちろん、水素も現状では”魔法のエネルギー源”とはいえず、効率的な輸送方法の策定やコスト削減など解決すべき課題は山積しているが、脱炭素社会を目指す上で重要なキーワードとなる。今後の技術発展に期待したい。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

新着記事

SDGsの基礎知識

《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

開発途上国の女性の5割が「からだの自己決定権」持たず|国連機関が発表

横浜・都内3ホテルで環境配慮の化粧品配布|神奈川大がグローバルホテルとの連携開始

JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ