eスポーツ×ごみ拾いを融合した新たなる『eスポGOMI 2022 宗像大会』を開催

#esport#SDGs#ゴミ拾い 2022.10.25

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年10月25日 by 根上聡太

一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションは、世界中で問題になっている海洋ごみ問題についてより多くの方に知ってもらうために、コンピューターゲームによる競技型スポーツ「eスポーツ」と、ごみ拾い活動にスポーツのエッセンスを加えた社会奉仕活動「スポGOMI」を組み合わせ、楽しみながらSDGsの達成を目指す『eスポGOMI 2022 宗像大会』を10月8日(土)に開催しました。

集められたゴミの量

イベントが開催された周辺は、枝豆畑が広がる美しい場所です。一見、ごみ拾いが困難かと思われたのですが、目を凝らして見てみると、そこには細かなごみの数々があったそうです。きれいな町にも、意外とごみは落ちているものです。そんな宗像大会で集められたごみの総量は、なんと27.89kgにも及びました。

イベントに参加者のコメント

今回のイベントは、ゲームで知り合った知人からの誘いのもと「eスポGOMI 2022 宗像大会」に参加されたそうです。ゲームは得意ではあるが、今までに地域清掃に取り組んだ経験ががないと参加者の方は話しており、ごみ拾いの方ではあまり活躍出来なかったそうです。しかし、ゴミ拾いの中で「きれいに見えても意外とごみが落ちてるんだなぁ」や「こんな所にもごみが落ちてるのか」など、ゴミ拾いを通して学べたとコメントをされています。

出典:SEGA

次回の『eスポGOMI 2022 宗像大会』開催について

今回の『eスポGOMI 2022 宗像大会』と同様のイベントを、次回は11月13日(日)に横浜のみなとみらい21エリアにて開催します。ライトアップされた夜景が人気のみなとみらい21エリア。一見きれいなみなとみらい21エリアにも思わぬところにごみが落ちているかもしれません。ごみを探すために目を凝らすことで環境問題への意識をより深く感じることができると思います。

団体概要

団体名称:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション

▼一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションofficial SiteのURL 

URL:https://www.spogomi.or.jp/

活動内容:eスポGOMIに関するイベントの開催、及び運営に必要な業務。

出典:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション

CHANGE FOR THE BLUE

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。

産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。

CHANGE FOR THE BLUEのURL

https://uminohi.jp/umigomi/

出典:一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーション

日本財団「海と日本プロジェクト」

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

▼日本財団「海と日本プロジェクト」のURL

https://uminohi.jp/

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    消費者庁、食品ロス削減推進大賞受賞者を発表|日本の消費者一人ひとりに広がる取り組み

    強制労働や人身取引を禁じるILOの議定書に50ヵ国が批准|「現代の奴隷制」に苦しむ2500万人を救うために

    世界の発電源、再生可能エネルギーの割合が約4割に|国際再生可能エネルギー機関が報告書を公開

    全国清涼飲料連合会、「2030年ボトルtoボトル50%」を宣言|ペットボトルの「水平リサイクル」実現に向け一歩

    『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』第3期始動|”中小企業元年”コロナ禍の新たなスタートに