ユニクロ、緑のドラえもんがグローバルサステナビリティアンバサダーに|サステナブルな世界づくりに一歩

2021.03.23

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年3月23日 by 廣瀬 あかね

ユニクロなどを運営するファーストリテイリングは、青から緑に変わったドラえもんが、「ドラえもん サステナモード」としてグロ ーバルサステナビリティアンバサダーに就任することを発表した。緑のドラえもんは、同じく緑になったユニクロロゴとともに、「服のチカラで、未来を変える。」とい うユニクロのサステナビリティメッセージを、世の中に分かりやすく伝え、 広める役割を担っていく。 

ドラえもんは日本で生まれ、今や世界中で世代を超えて愛され続けるアニメキャラクターだ。ドラえもんの存在が、日本発で世界の人々のいい服を提供し社会をよくしようと考えているユニクロとも通じたことが今回のコラボレーションのきっかけとなっている。

また、難しく思われがちなサステナビリティの取り組みをわかりやすく、楽しく、明るく伝えるために緑色のドラえもんの活用を決め、サステナビリティへの取り組みを加速させる決意が込められている。

また、綾瀬はるかさんもLifeWear スペシャルアンバサダーとして小中高校生向けの次世代教育活動“届けよう、服のチカラ”プロジェクトに参加。

さらにグローバルブランドアンバサダーのロジャー・フェデラー選手、錦織圭選手、国枝慎吾選手、ゴードン・リード選手、平野歩夢選手、アダム・スコット選手も、スポーツを通じた社会貢献や、環境配慮型の素材を使用したゲームウェアを着用し、ユニクロのサステナビリティ活動に取り組んでいく。

ユニクロは良い服を作り、提供するビジネスを通じて、より良い社会の実現に貢献するサステナビリティの取り組みを過去20年にわたり進めてきた。新型コロナウイルス感染症が世界に大きな影響を及ぼし、社会の在り方や消費者の意識が変化する中、ユニクロはこれまで以上に、消費者とともに活動し、社会を良い方向へ変えていくことを念頭にこれからもさらなる飛躍を目指す。 

 ■ドラえもんからのメッセージ 

「みなさん、こんにちは。 ぼく、緑になったドラえもんです!ユニクロのグローバルサステナビリティアンバサダーとして、みんなでチカラを合わせて明るい未来をつくりたいです!みんなと一緒になって活動して、世界中の人にもっとぼくたちの未来について、関心をもってもらえると嬉しいな!」 

 ■綾瀬はるかさんコメント 

LifeWear スペシャルアンバサダーとして、ユニクロのサステナビリティ活動に関われることをうれしく思いま す。地球や社会に良い活動について、私自身も皆さんと一緒に学び、自分にできる小さなことから実践してい きたいです。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに

    ユニクロ、錦織圭選手とのテニスを通じた次世代育成イベントを12月4日開催|社会の持続的な発展に貢献

    女性と社会に気づきを与えるキャンペーン「egg week」開催決定|女性活躍を支援するプロジェクト「W society」

    エアトランク、クリーク・アンド・リバー社と共同でライフサポートサービス開始 |宅配型トランクルームでYouTuberや動画クリエイターのライフをサポート

    SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施