「トランスフォーム・アフリカ・サミット 2021」出展企業募集開始|日本のICT技術をアフリカ諸国へPR

#SDGs目標9#持続可能#開発途上国 2021.07.28

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年7月28日 by 大森令賀

引用:Transform Africa Sumit 2021

総務省は7月28日、アフリカ最大級のICTイベント「トランスフォーム・アフリカ・サミット2021」へのオンライン出展・参加を希望する企業の募集を開始した。

「トランスフォーム・アフリカ・サミット2021」は、今年の9月8日〜10日にかけてルワンダ共和国の首都キガリで開催されるICTイベントで、各国のブースで最新技術やアフリカ向けソリューションを公開し、アフリカ地域に共通したICT重要課題の議論の場となる。

日本はアフリカ開発会議(TICAD)を通じてアフリカの開発を支援しており、日本のICT技術やサービスをアフリカ諸国へ広くPRするため、日本ブースをオンライン出展するがそれに伴い、出展を希望する日本企業の募集を開始した。

ここで想定される展示内容は、「最新のICT 技術及び関連するソリューション」と「アフリカにおける社会課題の解決に向けたソリューション」となっている。

申し込み方法は以下参照。

<締め切り>
令和3年8月6日(金)17時
締め切りまでに下記連絡先にEメールにて連絡。

<応募に必要な情報>
企業・団体名、担当者氏名及び連絡先
企業・団体ウェブサイトURL
(ウェブサイトを設けていない場合は会社概要が分かる資料をご提出)
出展内容及び出展機器等の紹介文
(出展内容を紹介するウェブサイト情報、画像等があれば提供)
その他要望

<連絡先>
国際戦略局国際協力課
岩月課長補佐、鈴木主査
電話:03-5253-5934(直通)
E-mail:ict-frontier@ml.soumu.go.jp

アフリカ経済は近年急速に成長しているが、地域によっては開発が進んでおらず、貧困問題など未だに多くの問題を抱えている。発展途上国と先進国の格差をなくすためにも、SDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の達成にも、「トランスフォーム・アフリカ・サミット」は非常に重要な役割を担っている。

【参照ページ】https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin09_02000120.html

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    全国清涼飲料連合会、「2030年ボトルtoボトル50%」を宣言|ペットボトルの「水平リサイクル」実現に向け一歩

    ZホールディングスがMSCI ESG格付で最上位の「AAA」を獲得|「コーポレートガバナンス」と「人材開発」項目において高い評価

    官民連携で「循環経済パートナーシップ」創設|資源効率化を経済活動に組み込む動きが加速

    2020年度に回収された廃家電4品目は約1602万台で前年度比約8.4%増|液晶式・プラズマ式テレビは約26.4%の増加

    横浜・都内3ホテルで環境配慮の化粧品配布|神奈川大がグローバルホテルとの連携開始

    コロナ禍による温室効果ガス排出量の減少、気候変動への影響は限定的|JAMSTECなどが参画する国際研究チームが発表