都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中

#SDGs目標13#ビジネス#気候変動 2021.06.11

この記事をSNSでシェア!

提供:Infarm – Indoor Urban Farming Japan

Infarm – Indoor Urban Farming Japan(インファーム)は5月28日、スーパーマーケットのDEAN & DELUCA 六本木と DEAN & DELUCA 広尾で、同社の「ファーム(畑)」で栽培されたハーブ・野菜の販売を開始した。

インファームは、「都市の自給自足を支え、食料の安全性、品質、環境フットプリントを大幅に改善する」というミッションをもとに2013年にドイツ・ベルリンで設立された企業。小売店や飲食店の店頭で野菜を栽培し、販売する「屋内垂直農法」とIoT技術、機械学習を組み合わせ、独自のサプライチェーンを展開している。

▼環境(エコロジカル)フットプリントについて詳しく解説した記事はこちら

これまでの屋内水耕栽培は、郊外の大規模施設で農作物を大量生産し、都市圏の消費者に届ける形をとることが一般的だった。

それに対し同社は、組み立て式の「ファーム」を都市圏の商業施設などに直接配置。これにより、消費者により新鮮な農産物を届けること、産地から消費地への輸送に伴うコストや温室効果ガスの排出を削減することを可能にしている。

◎インファームの「ファーム」

提供:Infarm – Indoor Urban Farming Japan

今回、インファームが新たに「ファーム」を設置したDEAN & DELUCA 六本木、DEAN & DELUCA 広尾では、イタリアンバジル 、パクチー、レッドソレル、わさびルッコラの計4種のハーブ・野菜を販売。両店では、インファームの野菜を使用したデリメニューも展開する。

インファームのハーブ・野菜は、生産地から消費地までの輸送距離を最短にすることで、栄養素と風味に満ちた最も新鮮な状態を保っているため、普段の料理に活用するだけでなく、生のまま料理の仕上げに加えたり、さまざまな用途に使用できるという。

また、購入後は2cm程度の水を入れた容器に根を浸し、高温多湿を避けて保存すれば、しばらく新鮮な状態を保つことができる。

SDGsゴール13「気候変動に具体的な対策を」では、地球温暖化をはじめとした環境問題を解決する具体策の検討を進めることが訴えられている。インファームが実践するような形の「地産地消」は、温室効果ガスを削減しつつ、豊かな生活を送るためのヒントになるかもしれない。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

子ども5人に1人が安全な水を確保できず|ユニセフが水不足問題を分析した報告書を発表

開発途上国の女性の5割が「からだの自己決定権」持たず|国連機関が発表

『HAPPY WOMAN FESTA 2021』が開催|日本においても国際女性デーを大きなムーブメントのきっかけに

コロナ対策のフレックスタイム制「続けたい」が8割超|「働き方改革に関する実態調査」の結果公表

官民連携で「循環経済パートナーシップ」創設|資源効率化を経済活動に組み込む動きが加速

国連主催の刑事司法会議「京都コングレス」閉幕|SDGs達成に向けた司法制度の構築を国際協調で推進

多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは