繊維リサイクルボード「PANECO®」がMDF生産設備の量産試験に成功|株式会社ワークスタジオ

##SDGs 2023.07.03

この記事をSNSでシェア!

株式会社ワークスタジオ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:原 和広)が開発し、モリリン株式会社(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長:森 俊輔)が販売する、廃棄衣類繊維を原料とした繊維リサイクルボード「PANECO®」は、MDF製造メーカーであるホクシン株式会社(本社:大阪府岸和田市、代表取締役:高橋英明)の技術協力のもと、MDF(中密度繊維板)製造ラインを使用した繊維リサイクルボード「PANECO® board」の量産試験に、世界で初めて成功しました。

出典:ワークスタジオ

※量産試験によって製造された「PANECO® board V」

「PANECO® board V」について

「PANECO® board V」は、木質繊維板のMDFと同様に、廃棄衣類繊維を熱硬化によってボード化した(特許技術)繊維リサイクルボード「PANECO® board」の、本格的な社会実装を目的として開発された量産化バージョンです。

出典:ワークスタジオ

※量産試験中の「PANECO® board V」

 

MDF製造ラインを使用し、廃棄衣類繊維をリサイクルボードとして量産化するのは世界で初めての試みとなります。今回の「PANECO® board V」の量産試験の成功は、ファッション産業や繊維産業のサーキュラーエコノミーを大きく進歩させる可能性を持つとして、さまざまな業界から注目を集めています。

ワークスタジオのSDGsへの取り組みについて

現在、地球環境に配慮した取り組みとして、「サステナビリティ」「SDGs」といったワードに多くの人が関心を持っているなかで、私たちが抱えている大きな問題のひとつが「ファッションロス※1(英:Fashion Waste)」です。

※1ファンションロスとは…使用・未使用に関わらず大量に衣類が廃棄されてしまう問題。焼却処分されることで、大量の温室効果ガスの排出にもつながっています。

 

そうした背景のなかで開発が進められてきた「PANECO® board」は、アパレル企業などの繊維産業から回収した廃棄衣類や製造工程で発生する端材などを原料とすることで、ファッションロスの解決に大きく貢献することはもちろん、さらにはプロダクトとして利用された後に再度回収することで、水平リサイクルによる廃棄を極力出すことのない、新たな循環システムを構築することが可能です。

出典:ワークスタジオ

※PANECO®サーキュラーMAP

 

そして、繊維リサイクルボード「PANECO®」は、今後はSDGs目標達成に向けて、フードロスにも向き合っていくことを目標としています。

ファッションロス(衣)、フードロス(食)を再資源化し、「PANECO® board」などのマテリアルとして社会(住)に戻すことで、今後は『衣・食・住』の新たなサーキュラーエコノミーを実現していきます。

私たちが暮らす地球環境に、さまざまなカタチで配慮していくことが求められている昨今、繊維リサイクルボード「PANECO®」の新たな取り組みと挑戦は、今後もさらに続きます。

PANECO®について詳しくはコチラ▼

official site|https://paneco.tokyo/

instagram|https://www.instagram.com/paneco_official/

会社概要

社名 : 株式会社ワークスタジオ

代表者 : 代表取締役社長 原 和広

本店所在地 : 東京都新宿区四谷4-11-2 フィル・パーク四谷四丁目 2F

設立年月 : 1998年(平成10年)3月5日

資本金 : 9,500万円

開発:株式会社ワークスタジオ

https://workstudio.co.jp

販売:モリリン株式会社

https://www.moririn.co.jp

製造:ホクシン株式会社

https://www.hokushinmdf.jp

お問い合わせ

https://paneco.tokyo/contact/

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    Lenovo 「#隠れESGを探せ」プロジェクトに20企業が賛同|経営者の70%がESGの厳しさを明かす

    クルマ社会の未来への想いを体験できるサマーインターン「チルインターン」を開催|株式会社ジョイカルジャパン

    SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

    ファーストリテイリング、サステナビリティレポートを発表|「服のチカラを、社会のチカラに。」の実現に向けた取り組み

    アキュラホームが世界で初めて開発に成功した「木のストロー」がドラマ化