クロス・マーケティング社がSDGsに関する調査を発表 ー認知・興味関心編ー

2023.06.21

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2023年6月21日 by 中安淳平

株式会社クロス・マーケティングは、2023年6月、全国18〜69歳の男女2,500名を対象に「SDGsに関する調査(2023年)」を行い、認知、意識・消費行動について分析しました。今年は、2015年9月の国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択され、2030年の目標達成までの中間時期にあたります。今回は、SDGsの浸透状況について、認知率の推移、17の目標の興味・関心などを分析しました。

【SDGs認知状況】 

SDGsの認知率(”名称も内容も知っている”+”名称は聞いたことがある”)は83%と2022年とほぼ同様な結果であり、鈍化しています。2022年より認知率がやや高まったのは、女性18~29歳と女性60代でした。

【17の目標の興味・関心】

SDGsの17の目標のうち”興味・関心がある”ものについて、コレスポンデンス分析(Correspondence Analysis)を用いて解析をしました。女性18~29歳、30代は「5.ジェンダー平等を実現しよう」、女性40代、50代、60代は「11.住み続けられるまちづくりを」「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさも守ろう」、男性60代は「16.平和と公正をすべての人に」、男性30代は「4.質の高い教育をみんなに」、男性18-29歳は「働きがいも経済成長も」に興味・関心を持っている傾向がみられました。男性40代、50代は、17項目いずれも遠い位置にあり、興味・関心のなさが目立つ結果でした。

【5.ジェンダー平等を実現しようで見聞きしていること】

17の目標の中でも「5.ジェンダー平等を実現しよう」について、普段目にしていることや、身近で話題になっている出来事を自由回答で聴取しました。「男女間格差(キャリア、賃金)」や「多様性・ダイバーシティ」「LGBT/LGBTQ」「性的マイノリティ」「ジェンダーレス」「ジェンダーレストイレ」などの声があがった。平等には賛成するが、女性専用トイレが減るのは困るという意見も複数あがりました。

■レポート項目一覧

□ 調査概要

□ 回答者プロフィール(性別・年代・居住地・婚姻状況・職業・都市規模・同居家族・ PNCL構成比・性年代別PNCL構成比)

□ ポテンシャルニーズクラスター(PNCL)について

□ 背景情報(接触メディア・生活意識)

▼ 調査結果詳細

□ SDGs認知、認知経路

□ 17の目標 認知/興味・関心/協力できそうなもの

□ 関連ワードの認知

□ エシカル消費の認知

◆レポートのダウンロードはこちらから

https://www.cross-m.co.jp/report/other/20230620SDGs/

■調査概要

調査手法 :インターネットリサーチ

調査地域 :全国47都道府県        

調査対象 :18~69歳の男女、人口構成比に応じて割付

調査期間 :2023年6月2日(金)~4日(日)

有効回答数:本調査2,500サンプル        

※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    子どもの入学式や参観日などに特別休暇|プロパティエージェント

    FAOと国連WFP、20カ国以上で深刻な飢餓が発生すると警告|新型コロナやサバクトビバッタが影響

    朝日新聞出版、トヨタ自動車、QuizKnock がトリプルコラボ 未来を担う小学生にカーボンニュートラルを学ぶ特別授業を開催!

    「洗濯ネット」など12企業のマイクロプラ削減技術を評価|環境省によるグッド・プラクティス集