ららぽーと×大妻女子大学×アダストリア「Sustainable Fashion Week」開催!

2023.04.14

この記事をSNSでシェア!

ららぽーとと大妻女子大学はサステナビリティに対する理念に共感し、大妻女子大学の学生による可愛くて環境にも優しいをテーマにしたファッションブランド「m_r tokyo(マール トウキョウ)」を立ち上げました。さらに株式会社アダストリアが展開するブランド「Heather」「HAKUTORIKO」とコラボし、2023年4月20日(木)~5月7日(日)の期間限定で 「Sustainable Fashion Week」を実施することが決定しました。

m_r tokyoは、大妻女子大学 吉井健教授のゼミ(ファッションビジネス研究室)の学生が立ち上げた、 SDGsを意識したファッションブランドです。今回は、株式会社アダストリアの協力による縫製工場での※残反を使用したサステナブルな受注生産型の国産品や、国内の複数の縫製工場との提携によって作られた、環境に配慮した数多くの受注生産型の商品を 展開します。

またアダストリアはサステナビリティの重点テーマの1つ「人を輝かせる」を掲げており、 ファッションを通じた次世代の育成に取り組んでいます。ジェンダー平等と女性のエンパワーメント推進を目的としたアダストリアの「Heather」と「HAKUTORIKO」との協業により、女子大生が企画したワクワク感が溢れ、いつまでも大切にしたいと思える、今だけの特別なコラボ商品です。さらに今回のコラボ商品の売上の一部は、女性支援団体へ寄付され、ジェンダー平等と女性のエンパワーメント推進に貢献します。

※布製品等の生産過程で出てしまう使用されなかった生地のこと。

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

    API を活用したサステナブルな新サービス「Zaim 買いものレシピ AI」を公開|株式会社Zaim

    未利用海藻を商品化した海藻スープ新発売!|一般社団法人東の食の会