「人間社会のに貢献する国際企業」のTOAが放送アナウンス作成サービス「YUTTE」を提供開始

2023.05.12

この記事をSNSでシェア!

音響機器と防犯・監視カメラなどセキュリティ機器の専門メーカーTOA株式会社は、2023年5月10日に放送アナウンス作成サービス「YUTTE(ゆって)」のβ版提供を開始します。

YUTTEはPCに文章を入力するだけで、放送アナウンス音源を簡単に作れるサービスです。
公共施設、観光地、イベント会場、商業施設、公共交通機関等、アナウンスを流す場所に応じて、音声をカスタマイズできます。また、話者の性別、感情、抑揚のレベルなど合計26パターンから選べるだけでなく、チャイムやBGMを追加することができます。今後は話者バリエーションの拡充やチャイム・BGMの楽曲数拡大予定です。

有馬温泉で先行試用を実施

有馬温泉に「YUTTE(ゆって)」のβ版を先行提供し、視覚障がいを持っている人たちに対して「YUTTE」を使用し、有馬温泉の歴史を伝える足湯体験を実施しました。実際に足湯を体験した人から「看板に書いてあることは、アテンドの人がいないと教えてもらえないが、アナウンスがあれば内容が分かり、より楽しむことができる」「観光地ではお店の人と話をすると方言があり、それを聞くのも楽しみにしているので、方言のアナウンスがあればおもしろいと思った」などポジティブな意見が多く、足湯利用者の満足度は非常に高いものでした。

また、有馬温泉観光協会 会長 金井氏は「文章だけ用意すれば、サッと流せるのは非常にありがたいです。音声コンテンツを作るときに観光事務局がラクになると思います。場所とか時期に応じてタイムリーな話題を入れて、アナウンスを流すのが一番いいと思いますね」と話しました。

さらに神戸市経済観光局 観光企画課 課長 北川氏も「アナウンスでは有馬温泉の知識を詳しくご説明しています。音楽とアナウンスを流すことによって、深みを増して足湯を楽しんでいただけたと思います。ユニバーサルツーリズムの観点では、視覚障がい者の方に来ていただいて、アナウンスを聞いてもらったところ非常に良かったと感じていただけました」とYUTTEをユニバーサルツーリズムの観点からも高く評価しました。

製品の概要

・アナウンス音源をかんたんに作成可能
・音源はどの放送機器にも使用可能
■提供開始日:2023年5月10日(水) ※YUTTE β版として提供を開始します。
■価格:無料
■利用条件:本サービスは、事業者(法人または個人事業主)を対象としたものであり、一般消費者は利用できません。また、作成・ダウンロードしたアナウンス音源を、他者へ販売することや、YouTubeをはじめとするSNSや動画配信サイト等インターネット上で公開することはできません。
■今後のアップデート
・話者バリエーションの拡充
・チャイム、BGMの楽曲数を拡充

【YUTTEにできること】
1.タイムリーな情報の発信と伝達
2.いごこちの良い安心感のある空間づくり
3.職場での規則正しい活動をアシスト
4.目が不自由な方を音でサポート
5.放送担当者の業務を軽減

【機能・特長】
1.テキスト入力だけでアナウンス音源をすぐに作成、すぐに利用できます
2.チャイムやBGMを思い通りに挿入できます
3.声の抑揚や速度の調整、感情も表現できます
4.お手持ちのチャイム、BGMも使用できます
5.ダウンロードして、どの放送機器でも使用できます
6.使いやすいUIで誰でもかんたんに操作できます

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    新着記事

    アシックスの新しいランニングシューズNIMBUS MIRAI(ニンバスミライ)

    “実はサステナブルだった”でいい|マッシュグループのウェルネスデザインに迫る

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    クルマ社会の未来への想いを体験できるサマーインターン「チルインターン」を開催|株式会社ジョイカルジャパン

    日本女子大学とミツカングループによる「にっぽん食プロジェクト」

    MDGsとは?概要から8つの目標をわかりやすく徹底解説

    国内最大級の脱炭素ファンドを立ち上げ、スタートアップ企業に10億ドルの投資|三菱商事

    エーザイ独自の環境配慮基準を策定 「よりそう eco」マーク入り第一弾は新製品をリリース