【ウェビナー・参加費無料】DataseedがKOKUYOとサステナビリティ情報開示に関するウェビナーを開催|ESG経営で成長する企業とは?

2023.01.23

この記事をSNSでシェア!

株式会社Dataseed(以下、Dataseed)は2023年2月14日12:00〜13:00に「ESG経営で成長する企業とは?ー2023年サステナビリティ情報開示に伴う、抑えておきたいESGデータ開示とはー」と題してウェビナーを開催する。

国際的なESG投資の拡大や、国内の上場企業に対する有価証券報告書におけるサステナビリティ情報の開示義務化など、近年「サステナビリティ情報開示」が企業経営に必要不可欠になっている。

そこで、DataseedはESGデータ開示やサステナビリティ情報開示の動向において課題を抱える企業担当者や経営者に向けて「ESG経営で成長する企業のポイント」をウェビナー形式で紹介する。

ゲストはサステナビリティ経営をリードするコクヨ株式会社

ゲストにはFTSEなどの評価機関や組入銘柄にも選定され、サステナビリティ経営に挑戦するコクヨ株式会社を迎え、「抑えておきたいESGデータ開示動向」から「成長する企業のESGデータ開示・改善プロセス」及び「ESGデータ収集、集計業務の効率化」のポイントについて紹介する。

「複数のESG評価機関のガイドラインや評価基準に対して対応が追いついていない」や「複数部門や取引企業に分散した情報の収集に負担がある」といった、自社のESGデータ開示において課題を抱える企業担当者は必見の内容だ。

タイムテーブル

12:00-12:05 オープニング
12:05-12:20 ESG経営で成長する企業

  • ESG経営に取り組む本質的な意義とは
  • ESG情報/データが果たすべき役割とは
  • ESG経営を軸に、成長する企業のポイント
12:20-12:40 成長する企業のESGデータ開示・改善ポイントとは

  • コクヨのサステナビリティ
  • ESG情報/データ開示における壁や乗り越えるポイントとは
12:40-12:45 質疑応答
12:45-12:50 ESGデータ収集、集計業務の効率化ソリューションについて
12:50-12:55 質疑応答
12:55-13:00 アンケート

ウェビナー概要

日時 2023年2月14日(火)12時〜13時
実施方法 zoomによるライブ配信
参加費用 無料
受講対象者 経営者の方/経営企画ご担当者、責任者の方/ESG、サステナビリティ部門ご担当者/IRご担当、責任者の方
参加特典 当日のウェビナー資料
定員 100名
お申し込み締切 2023年2月13日(月)18時
主催 株式会社Dataseed
注意事項 ※zoom配信にあたり、聴講者の皆様の映像と音声は発信できません。※録音・録画・配布資料の転用はお断り致します。※チャット機能によりご質問をいただくことは可能です。※ご登録情報を参加者リストとして講師へ共有する場合がございます。※配信用URLは当日までに登録アドレスに送付いたします。※お客様候補に該当しないと判断した方には視聴をお断りする場合がございます。※企業様向けのセミナーでございますので、フリーメールでの登録はご遠慮くださいますようお願いいたします。

お申し込みはこちらから

 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    SDGsバッジをつけている人ってどんな人?購入方法やつける意味を解説

    日本のLGBTの割合は人口の約10%-高校生での割合や海外との比較も紹介

    新着記事

    省エネからSDGsへ|ブロンコビリーが取り組むサステナブルな取り組み

    SDGsの基礎知識

    食品ロスとは?原因や日本と世界の現状、家庭でできる対策を紹介

    もっとみる

    おすすめ

    サーキュラーエコノミーの創出『hide k 1896 コンポジット・テキスタイル展 2021』開催

    経済産業省、M&A支援機関に係る登録制度を創設

    トヨタの未来都市「ウーブン・シティ」の建設が開始|新技術実用化に向けた実証実験の舞台に

    LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

    生物多様性の達成状況を分析した報告書の日本語版が公開|国内の議論における指標の1つに

    トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速