サイボウズ、日経新聞に”お詫び”広告を掲載|自社と社会における多様性に問題提起

#SDGs目標10 2021.02.19

この記事をSNSでシェア!

引用:サイボウズ株式会社コーポレートサイト

ソフトウェア開発会社のサイボウズが日本経済新聞朝刊(2月18日)に掲載した広告が話題を呼んでいる。

「多様性に関するお詫び」と題された広告で同社は、取締役3人が”おじさん”であることを”お詫び”し、次期取締役候補を社内で募集していることを報告。株主会議の開催を周知して締めくくった。

広告掲載時点ではすでに17名の候補者が名乗りを上げている。昨年入社したばかりの社員、5名の女性社員、サンフランシスコに在住する2名の社員など、多様性が認められる顔ぶれが揃ったという。

引用:日本経済新聞朝刊(2月18日)

サイボウズは、2021年版日本における「働きがいのある会社」ランキング(Great Place to Work Institute Japan)の中規模部門で2位に選出された。「100人100通りの働き方」の実現を目指しており、社長の青野慶久氏自身が3度の育児休暇を取得するなど、先進的な働き方への取り組みで知られている。

「働きがいのある会社」ランキングについての記事はこちら

2017年9月にも日経新聞に「働き方改革に関するお詫び」と題した広告を掲載したほか、新宿駅などで「アリとキリギリス」のアニメを放映し、働き方改革について考えさせられるテーマを発信したサイボウズ。今後もウィットに富んだ手法で、社会への問題提起を続けてくれるに違いない。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

「エコ」「再利用」作品の販売数が昨年比4倍|ハンドメイドマーケットプレイスでエシカル消費浸透

文科省、日本語教育支援の動画19本を公開|教育委9割「研修実施できていない」を受けて

「洗濯ネット」など12企業のマイクロプラ削減技術を評価|環境省によるグッド・プラクティス集

SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

「AIでSDGs達成へ」ホワイトペーパー「AI for sustainable innovation」が無償公開

ユニクロ、緑のドラえもんがグローバルサステナビリティアンバサダーに|サステナブルな世界づくりに一歩

子ども5人に1人が安全な水を確保できず|ユニセフが水不足問題を分析した報告書を発表