子どもの入学式や参観日などに特別休暇|プロパティエージェント

2022.02.02

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年2月2日 by 大田守真

プロパティエージェント株式会社は、『不動産と不動産サービスの価値を創造 、向上し、社会を進化させ、人の未来を育み最高の喜びを創出する』という経営理念の基、SDGs17の目標項目の5番「ジェンダー平等を実現しよう」8番「働きがいも経済成長も」に取り組んでおり、その一環として、「キッズデイ休暇」新設と、時短勤務制度のアップデートを行った。

 

▼新設された「キッズデイ休暇」と時短勤務制度のアップデート内容

■キッズデイ休暇

子どもの入園・入学式や参観日といった保育園・学校行事への参加を目的とした半日休暇を導入。

年に2回まで取得可能。

■従来の時短勤務制度

「子供が小学校4年生までで希望を出した社員は時短勤務可」

ーアップデート後ー
「子供が小学校4年生までで希望を出した社員は時短勤務可、対象の子供がいる社員は人事評価を各社員の選択制とする」

 

プロパティエージェント株式会社は、企業が持続的に成長していくためには人財が重要であると捉え、社員にとってより働き甲斐のある環境を作り、長期活躍を促す人事制度の進化を実施してきた。

中でも子育て世代をサポートする環境づくりは、社会全体の課題でもあり、迅速に取り組むべきものと考える。

今回の「キッズデイ休暇」と、時短勤務制度のアップデートは、「子どもの晴れ姿に立ち会いたい」「完全に業務から離れるのではなく、ボリュームダウンして育児と仕事を両立していきたい」等、子育て世代の気持ちに寄り添い、長期活躍を促進するために導入を決定した。

今後のプロパティエージェント株式会社には、長期的に安心して活躍できる環境づくりを期待されるだろう。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    2022 Jリーグシャレン!アウォーズ 開催決定|社会課題解決への取り組みを表彰

    「SDGsに貢献する企業ブランドランキング」発表|生活者から高い評価を受けた企業・業種は?

    ファーストリテイリング、サステナビリティレポートを発表|「服のチカラを、社会のチカラに。」の実現に向けた取り組み

    「2030年度までに温室効果ガス削減46%」経済界が賛同|経団連、日商が意見を表明