JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

#SDGs目標11#SDGs目標12#SDGs目標14 2021.03.17

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年3月17日 by 佐野 太一

引用:SALT.の写真AC

国際協力機構(JICA)は3月15日、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンス(AEPW)と連携協力覚書を締結した。

AEPWは、廃棄プラスチック問題の解決に取り組むため、世界中の政府機関、環境・経済開発NGO及び市民社会と連携する国際的な非営利団体。JICAとAEPWは以下の取り組みを通じて、持続可能なプラスチック廃棄物管理体制の構築を図る。

  1. 世界的な廃棄プラスチック問題に関する意識啓発や理解促進
  2. 地域レベルの廃棄物管理に関する改善策の検討及び支援
  3. 循環型経済に関する戦略立案、知見や好事例の共有

JICAは、インドでの絵本を用いた3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))啓発活動をはじめ、技術協力や民間連携などさまざまな形で廃棄プラスチック問題の解決にこれまで取り組んできた。

天野雄介理事は今回の署名式で、「多くの開発途上国では、依然として廃棄プラスチック対策に必要な技術や資金が不足しています。今回の覚書締結が、AEPWとの間での実りある協力につながることを期待します」と述べた。

AEPWの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるジェイコブ・デュエル氏は、「このパートナーシップにより、AEPWは特にアジア太平洋地域において、開発途上国の経済的・社会的発展にJICAの取り組みを活用することとなります。JICAとの協力を通じて、これらの国々における廃棄プラスチック管理の革新的でインパクトある解決策を模索していきたいと考えています」とコメントしている。

特に海に流れ出たプラスチックごみは国境を越えた課題となっており、解決には1カ国にとどまらない地球規模でのプラスチック廃棄物の管理体制が必要不可欠だ。資本力や技術力が不足している開発途上国に対する積極的な支援が、SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」においても重要なファクターとなるだろう。

目標14について詳しく解説した記事はこちら。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

新着記事

SDGsの基礎知識

《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは

SDGs目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」がテーマのイベントが開催決定|テクノロジーを活用した達成方法を紹介

SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

患者数が最多の指定難病、半数が「全く知らない」|炎症性腸疾患の意識調査の結果から明らかに