経産省、「グリーンイノベーション基金」の基本方針を策定|総額2兆円を企業の支援に

#SDGs目標13 2021.03.16

この記事をSNSでシェア!

引用:フリー素材のぱくたそ

経済産業省は3月12日、脱炭素に向けて研究開発を行う企業を政府が支援する「グリーンイノベーション基金」の基本方針を策定した。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に2兆円の基金を設置し、10年間にわたって対象企業の研究開発・実証から社会実装までを支援する。

2兆円の政府資金を呼び水として、民間企業などの研究開発・設備投資を誘発し、さらには世界で3000兆円規模と目されるESG資金を国内に呼び込むことで、2050年までのカーボンニュートラル実現を目指す。目標とする経済波及効果の額は190兆円。

カーボンニュートラルについて詳しく解説した記事はこちら。

支援対象となるのは、政府が掲げる「グリーン成長戦略」の重点分野の中でも政策効果が大きく、社会実装までを見据えて長期間の継続支援が必要な領域。研究開発プロジェクトの規模としては200億円以上を目安とし、中小・ベンチャー企業や大学・研究機関の参画も想定している。

研究開発プロジェクトの管理手法も特徴的だ。取り組み状況が不十分な場合は経営者に事業中止・委託費の一部返還を求めたり、目標達成度に応じて国費負担割合を変動させる制度を導入する。

今後は基金の運営方針を検討してきた「グリーンイノベーションプロジェクト部会」の下に分野別ワーキンググループを設置し、研究開発プロジェクトごとの開発目標などについて議論を進める予定だ。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

「洗濯ネット」など12企業のマイクロプラ削減技術を評価|環境省によるグッド・プラクティス集

JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

民法の条文が児童虐待を正当化?|日本ユニセフ、「懲戒権」の規定削除を要求

トヨタの未来都市「ウーブン・シティ」の建設が開始|新技術実用化に向けた実証実験の舞台に

橋本聖子会長、IOCに3つの重点施策を報告|「ジェンダー平等推進チーム」発足へ

東京都「未来の東京」戦略(案)を発表|「自然」と「便利」が融合する持続可能な都市に。