障害者の働く選択肢を広げたい!1杯のハーブティーがSDGsアクションに|「株式会社スタートライン」×「SDGsACT5大丸有」

#SDGs目標8#サスティナブル 2021.11.05

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年11月5日 by 大森令賀

提供:株式会社スタートライン

障害者雇用を支援している株式会社スタートラインは、東京・大手町、有楽町、丸の内エリアで開催中の SDGs プロジェクト「大丸有 SDGs ACT5」のアクションの 1 つとして、スタートラインが展開する屋内農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI」の利用企業22社で就業している障害者が、大切に育てたハーブでつくったハーブティーを、11月1 日(月)~11月7日(日)有楽町 micro FOOD & IDEA MARKET にて提供する。

近年、企業における障害者雇用の形はオフィスワークだけにとどまらず、IBUKI のハーブ栽培・ハーブティーづくりもまた、ひとつの雇用の形となっている。本イベントは、IBUKI のハーブティーを飲むという体験を通じて、障害者の新たな働く選択肢を知ることを目的としている。ハーブティーを作ることがゴールではなく、消費者に求められる美味しい商品が作られ、美味しいと感じた消費者から感謝の想いが作り手に伝わり、やりがいや働く喜びが生まれるというこのサイクルが、企業が雇用をし続けられる仕組みであり、サステナブルな活動となる。この活動を通して、障害者が自身の力をより発揮できる多様な働き方の可能性を、様々な企業のオフィスが集まるビジネスの中心地・大手町、丸の内、有楽町から広げていく。

イベントの詳細は以下参照。

有楽町microでIBUKIのハーブティーを飲もう!
開催日時 :2021年11月1日(月)~11月7日(日)11:00~20:00
開催場所 :有楽町 micro FOOD & IDEA MARKET
詳細 :1.ご飯食べながらIBUKIのハーブティーを飲もう
有楽町microで飲食物を購入した人に、IBUKIハーブティーを無料で提供。
2.おウチでIBUKIのハーブティーを飲もう
店内のIBUKIコーナーに立ち寄ると、持ち帰り用のハーブティーバッグをプレゼント。
※ハーブティーバッグがなくなり次第終了。
申込み :申込不要
参加費 :無料
SDGsにつながる、IBUKIのハーブティーのおはなし【オンライン開催】
開催日時 :2021年11月19日(金)18:30~19:30
開催場所 :Zoom 開催
イベント概要 :なぜIBUKIという働き方があるのか、IBUKI から何が生み出されるのかなど、障害者雇用に関する背景を知り、考えるオンラインイベント。
お申込み :企画担当眞島まで連絡(TEL:080-9118-7926 E-mail:tmashima@start-line.jp)
参加費 :無料100 名

SDGs目標8「働きがいも経済成長も」では、「2030年までに、若者や障害者を含むすべての女性と男性にとって、完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい仕事(ディーセント・ワーク)を実現し、同一労働同一賃金を達成する。」というターゲットが設定されている。ただ、法定雇用率を遵守するために雇用するのではなく、SDGsの目標達成のために障害の有無にとらわれず、公平な評価や給与を与えていくことがこれからますます重要になってくるだろう。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《実は存在した?》SDGs18番目のゴールの噂|都市伝説と実際のゴール

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中

    18年度食品ロスは前年度比2%減で600万トン|推計始まった12年度以降で過去最少

    横浜のユニクロに「緑のドラえもん」|サステナビリティな消費を親子で学ぶクイズラリーが開催

    SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

    サイボウズ、日経新聞に”お詫び”広告を掲載|自社と社会における多様性に問題提起

    ポイントサイト「モッピー」 SDGs寄付プラットフォーム「モッピー×SDGs」を開設