ファーストリテイリング、サステナビリティレポートを発表|「服のチカラを、社会のチカラに。」の実現に向けた取り組み

#SDGs目標9 2021.02.26

この記事をSNSでシェア!

引用:ファーストリテイリング サステナビリティレポート2021

ユニクロやGUなどのファッションブランドを展開するファーストリテイリングは2月2日、「ファーストリテイリング サステナビリティレポート2021」を発表した。

同社は「服のチカラを、社会のチカラに。」というサステナビリティステートメントを掲げている。コロナ禍で人々のサステナビリティに対する関心が高まっていることを受け、2006年から報道機関向けに発行を続けてきたサステナビリティレポートを消費者向けに全面刷新した

巻頭特集には、柳井正会長兼社長と『2030年ジャック・アタリの未来予測』『食の歴史』をはじめとした著書で知られるフランスの思想家、経済学者、未来学者のジャック・アタリ氏の対談を掲載。アタリ氏が提唱する「命の経済」や「利他主義」といった社会的・経済的危機への処方箋となる理念に触れつつ、環境問題を解決するためにグローバル企業のあるべき姿について語っている。

 

また、消費者から回収した服を再利用(REUSE)や循環型リサイクル(RECYCLE)に役立てるほか、余分な廃棄物、温室効果ガス排出量、資源使用量を削減(REDUCE)する取り組み「RE UNIQLO」などの社会貢献活動についても特集している。新型コロナウイルス感染症への取り組みについても触れた。

ファーストリテイリングは24日にも、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と連携してアルゼンチン、イラク、エジプト、チリ、ボリビアの5カ国を含む難民・避難民に、ユニクロの「エアリズムマスク」計約100万枚を寄贈することを発表している。

ESG投資やダイベストメントといった投資家の動きも広がりつつある昨今、企業には社会的責任を果たす必要性が問われている。持続可能な産業基盤を構築できなければ資本主義経済の成長が立ち行かなくなることは明白な以上、ファーストリテイリングのようにサステナブルな経営モデルを打ち立て、アピールする企業は今後ますます増えてきそうだ

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

「2030年度までに温室効果ガス削減46%」経済界が賛同|経団連、日商が意見を表明

「エコ」「再利用」作品の販売数が昨年比4倍|ハンドメイドマーケットプレイスでエシカル消費浸透

横浜・都内3ホテルで環境配慮の化粧品配布|神奈川大がグローバルホテルとの連携開始

JICA、廃棄プラスチックを無くす国際アライアンスとの連携を開始|国際協力によるプラスチック廃棄物管理体制の構築へ

学生主体の音楽ライブイベント「Climate Live Japan」の開催が決定|気候変動対策を考えるトークセッションも

GPIFが「優れた統合報告書」を発表|日立製作所やミネベアミツミなどが選出

ビューティーブランド『ON&DO』がトークセッションを開催|ゲストは時代をリードする女性たち

都内スーパーマーケットに「農場」が出現|ドイツ発ベンチャーが都市の地産地消を促すサプライチェーンを展開中