LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

#SDGs目標5 2021.05.21

この記事をSNSでシェア!

提供:Indeed Japan

Indeed Japanは4月28日、LGBTQ+の人々が、仕事や求職活動で抱える様々な「声」をもとにダイバーシティのある働き方を推進するプロジェクト『Indeed Rainbow Voice 2021』をスタートした。

テーマは「ダイバーシティのある働き方を」。世界各地でLGBTQ+の権利について啓発を促す毎年6月の「プライド月間」に向け、LGBTQ+を取り巻く仕事や職場に関する悩みや想いを「声」として特設サイトにて募集する。

さらに、多様なフィールドで個性を活かして働き活躍する LGBTQ+当事者の方々にオンライン上で直接、自分の想いを伝えたり悩みを相談したりできる「Rainbow Voice オンライントーク」も実施する予定だ。

『Indeed Rainbow Voice 2021』特設サイトはこちら

◎『Indeed Rainbow Voice 2021』イベント概要

・実施期間

2021年4月23日(金)~6月30日(水)

・プロジェクト内容

  1. LGBTQ+の方々の想いを「Rainbow Voice」として集める
    参加方法:特設サイトの応募フォームより
    受付期間:2021年4月23日(金)~5 月 31 日(日)23:59 まで
  2. 社会で活躍している LGBTQ 当事者や企業の担当者に相談できる「Rainbow Voice オンライントーク」
    開催日時:2021年6月3日(木)・4日(金)16:00-21:00
    参加方法:特設サイトの応募フォームより、話してみたいトークパートナーを選択
    受付期間:2021年4月23日(金)~5 月 23 日(日)23:59 まで
  3. 誰もが違いを認め合い、互いを尊重しながら働ける社会の実現に向けた「Rainbow Voice アフタートーク」セッション
    ※6月下旬ごろにIndeedk公式YouTubeチャンネルにて公開。詳細は決定し次第、特設サイト内に掲載する。

・『Indeed Rainbow Voice 2021』パートナー

  • 滝沢ななえさん 元バレーボール選手
  • Taiki&Noahさん モデル・音楽活動家
  • KEISHANさん タレント モデル
  • 田中史緒里さん 事業家
  • 杉山文野さん フェンシング元女子日本代表
  • •サリー楓さん 建築家

教育や医療制度、結婚制度など、日本社会にはあらゆるジェンダーギャップが存在し、欧米諸国に比べるとその問題は長い間放置されてきた。LGBTQ+当事者の「声」が直接届くこのイベントで、身の回りでできることを探してみるのはいかがだろうか。

『Indeed Rainbow Voice 2021』特設サイトはこちら

 

この記事をSNSでシェア!

ランキング

経済社会に環境問題を組み込み、持続可能な社会を作る|経済産業省環境経済室長 梶川文博

【徹底解説】|SDGs配慮商品とは|SDGsに貢献する商品9選を紹介 

グリーン・リカバリーが創出する、真にサステナブルな社会

「おもしろくて、もうかる」顔の見えるライフスタイルで実現する、みんなが楽しめる社会(前編)|みんな電力株式会社

新着記事

SDGsの基礎知識

【徹底解説】今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

千葉ジェッツふなばし、5月1日、2日にフードドライブを実施|地域コミュニティ単位で貧困問題の解決へ

房総半島沖の海底に大量のプラスチックごみ|JAMSTECが発表

ユニセフ事務局長が年次公開書簡を発表|国際社会が注目すべき5つのテーマとは

強制労働や人身取引を禁じるILOの議定書に50ヵ国が批准|「現代の奴隷制」に苦しむ2500万人を救うために

「2030年度までに温室効果ガス削減46%」経済界が賛同|経団連、日商が意見を表明

トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速