2020年の飢餓人口は8億人超、栄養不足も増加。このままでは目標2の達成は困難|国連機関が共同報告書を発行

#SDGs目標1#SDGs目標2#SDGs目標3#ジェンダー#健康#貧困#飢餓 2021.07.16

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年7月16日 by 佐野 太一

国連は7月12日、「世界の食料安全保障と栄養の現状(The State of Food Security and Nutrition in the World)」を公表した。

この報告書は国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、国連児童基金(UNICEF)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)の5つの機関が共同で発行した。

同報告書によると、新柄コロナウイルスの感染拡大などの影響で世界の飢餓状況は悪化した。2020年は世界人口の10人に1人にあたる最大8億1100万人が飢餓に陥ったとされている。

このままでは2030年も6億6000万人が飢餓に苦しみ、SDGs目標2「飢餓をゼロに」の達成が困難になるという。

まず課題視されているのは、世界の飢餓人口だ。世界の飢餓人口は数・比率ともに急増し、人口増加のペースを上回った。人口の約9.9%が栄養不足であったと推定され、2019年の8.4%から増加した。

飢餓によって、栄養不足の人々の半数以上(4億1800万人)はアジアに、3分の1以上(2億8200万人)はアフリカに、6000万人はラテンアメリカとカリブ海に居住していることも明らかになった。飢餓が最も急増したのはアフリカで、栄養不足に苦しむ人が人口の21%と、他の地域の2倍以上になった。

栄養不良は、特に子どもの生育に深刻な影響をもたらす。2020年には1億4900万人の5歳未満児が発育阻害(年齢に対し身長が低すぎる)、4500万人以上が消耗症(身長に対し痩せすぎている)、3900万人近くが過体重だったと推定されている。

また、飢餓問題においてもジェンダー格差が深まっていることがわかった。2020年には、食料供給に不安がある女性の数は男性の約1.1倍となり、2019年の約1.06倍から増加した。

さらに、妊娠可能年齢の女性の約3分の1が貧血に苦しんでいることも明らかになっている。世界的に見ると、完全母乳(なるべく母乳を多く与えることを推奨する考え方)で育てられる乳児が増えるなど、一部の分野では改善が見られるものの、どの栄養指標においても2030年までに目標が達成される目処が立っていない。

なお、同報告書では、6つの「変革の道筋」として政策立案者への提案がなされている。

  • 紛争地域において、人道、開発、平和構築の政策を統合すること
  • 食料システム全体の気候変動への耐性を向上させること
  • 経済的に最も脆弱な人々の回復(レジリエンス)支援を強化すること
  • 栄養価の高い食品のコストを下げるために、サプライチェーンに介入すること
  • 貧困と構造的格差を是正すること
  • 食品環境の強化と消費者行動の変化を促すこと

SDGs目標2「飢餓をゼロに」では、「2030 年までに飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする」ことがターゲット2.1として掲げられている。貧困や紛争、ジェンダー平等など、あらゆる社会問題が複雑に絡むテーマだ。

この記事をSNSでシェア!

ランキング

《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

新着記事

SDGsの基礎知識

《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

もっとみる

おすすめ

国際女性デーに開催された「WOMEN’S VITAL CONVENTION」のアーカイブ動画を公開! 時代をリードする女性たちが語った社会課題や未来へつなぐ想いとは?

LGBTQ+当事者の「声」が直接届くイベントがスタート|杉山文野さんなど著名人がパートナーに

トヨタ傘下の870億円投資ファンド、自動配送を手がける米ニューロに出資|地域配送の効率化に向けた開発を加速

Getty ImagesとDoveが協同主催する女性やノンバイナリーのクリエイターの活動を支援する「#ShowUs」|助成金プログラム4回目の受付開始

トヨタとENEOS、ウーブン・シティで水素エネ活用へ|実験都市で実証実験が始動