食堂メニュー表示システム「 ChoicEat (チョイスイート) 」で食品ロス削減!株式会社アメイジングポケット

#SDGs目標12#食品ロス 2022.10.24

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2022年10月24日 by 栗田 悠矢

デジタルサイネージ事業を展開する株式会社アメイジングポケットは、ディスプレイに日替わりメニューを簡単・きれいに表示できるシンプルで画期的なシステム「ChoiceEat(チョイスイート)の提供を始めます。」

サービスURL:

https://www.amazing-pocket.com/digital-signage/system/cafeteriamenu.html

 食堂メニュー表示システムChoicEatとは

食堂メニュー表示システム ChoicEatは、食堂運営側と食堂利用者をつなげるコミュニケーションツールです。

食堂メニューをわかりやすく伝えるのはもちろん、美味しい時間と空間づくりのお手伝いをいたします。

これまでの食堂における悩みであった調理サンプルや食品サンプルのコストカットだけでなく、SDGs(持続可能な開発目標)の食品ロス(フードロス)対策にもつながります。

サンプルは一切不要になり、効率化と共に毎日見やすく完璧なメニューポスターが画面に表示されるようになります。

【ChoiceEatのシステムについて】

シンプルなシステムで、自由自在な操作が可能です。タブレットやPCを使った出来上がり画面の確認&アップロード、食堂のイメージに合わせたフォーマットデザインの変更やデータベース登録画面のカスタマイズ、日々変わるメニューの表示から各メニューの栄養成分や「売り切れ」「売れ残り」などの情報の表示まで多岐にわたる操作を誰でも簡単に行うことができます。

【ChoicEat導入のメリット】

 食品ロス対策の実現

調理サンプルや食品サンプルは、毎日調理し破棄する手間がかかります。しかしこれをデジタルサイネージ・ディスプレイの食堂メニュー表示システムに変更することでSDGs(持続可能な開発目標)の食品ロス(フードロス)対策となり、食堂スタッフの負担も軽減することができます。

 

 調理サンプル・食品サンプルのコストカット

調理サンプルの食材費や、食品サンプル(料理の模型)のリース代・メンテナンス費用などのコストを削減できます。調理サンプルの調理や陳列、食品サンプル清掃の手間が無くなる分、検食や提供準備に集中することができます。

 

 広範囲から見やすいメニュー表示で食堂の混雑の緩和

社員食堂や学食のサンプル台・サンプルケースをデジタルサイネージ・ディスプレイに変え、食堂メニュー表示システムで毎日綺麗に見やすく日替りメニューを表示すると、多くの利点があります。

サンプル台やサンプルケースの前に人がいると、メニューや調理サンプルが見えなくて食堂や学食の入り口が混みがちになります。デジタルサイネージ・ディスプレイなら目線の高さで見やすく、左右からの視認性も高いため混雑緩和とともに、ES(従業員満足度)向上にも貢献します。さらに、提供口カウンター上にそこで提供されるメニューを自動表示できるので、スムーズな誘導ができ大幅な効率化が実現できます。

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    「ジェンダーギャップ指数2021」日本は120位|世界経済フォーラムが各国の男女格差を分析したレポートを発表

    『HAPPY WOMAN FESTA 2021』が開催|日本においても国際女性デーを大きなムーブメントのきっかけに

    世界の発電源、再生可能エネルギーの割合が約4割に|国際再生可能エネルギー機関が報告書を公開

    橋本聖子会長、IOCに3つの重点施策を報告|「ジェンダー平等推進チーム」発足へ

    くら寿司100%出資のKURAおさかなファーム設立|「スマート養殖」で人手不足解決や、国内初のオーガニックフィッシュを生産