第5回ジャパンSDGsアワードの公募開始|9/24まで

#ビジネス#持続可能#経営 2021.08.13

この記事をSNSでシェア!

【更新日:2021年8月13日 by おざけん

持続可能な開発目標(SDGs)推進本部は、8月11日より2021年度の「ジャパンSDGsアワード」の公募を開始した。

「ジャパンSDGsアワード」とは、SDGs達成に向けた企業や団体の特に優れた取り組みを表彰する制度で、今回で5回目の開催となる。

公募概要は以下参照。

  • 公募期間:2021年8月11日(水)~2021年9月24日(金)
  • 公募対象:SDGs達成に資する優れた取組を行っている企業又は団体など。
  • 応募方法:応募フォームから必要事項を記入の上、期日までに応募。

応募に関しては、いくつか留意点がある。

  • 応募単位は活動単位ではなく、企業又は団体等単位とし、応募は1企業又は1団体等につき1件まで。
  • 応募フォームへの記載を省略し、「別添参照」などの添付資料で代替することは不可。
  • 参考資料の添付は任意だが、冊子、パンフレットなどは該当箇所のみ添付。
  • 参考資料として、ホームページを参照することや動画データは不可。
  • 参考資料の様式は、PDFファイルで一括送付とし、A4サイズ10枚(2MB)以内。
  • パスワードはかけない。

極めて優れている(極めて顕著な功績が確認できる)と判断された企業・団体にはSDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞が送られ、特に優れていると認められと企業・団体には、SDGs推進福副本部長(内閣官房長官及び外務大臣)賞が送られる。

2つの賞は合わせて5件程度の取り組みが表彰される予定で、その他特筆すべき功績があったと認められる企業・団体等について、特別賞を付与する場合もあるとのことだ。

受賞者の決定は、2021年12月中旬頃、表彰式は、2021年12月下旬頃に予定されている。

「ジャパンSDGsアワード」に選定されることで、その企業や団体のイメージ、認知度の向上につながるだけでなく、その取り組みがロールモデルとなる可能性がある。ぜひ応募を検討してみてはいかがだろうか。

SDGs コネクトでは「ジャパンSDGsアワード」について、概要から、全受賞団体の概要、特別インタビューまで詳しく解説している記事を公開している。ぜひそちらもご覧いただきたい。

「第5回ジャパンSDGsアワード」の応募フォームはこちら

参考:外務省 ジャパンSDGsアワードページ 

この記事をSNSでシェア!

  • ランキング

    「SDGsは胡散臭い」と言われる5つの理由【解説】|原因から解決法まで徹底解説

    《完全網羅》SDGsの7つの問題点|現状の課題と解決策

    《あなたは正解できる?》SDGsを目標別のクイズで学ぼう!SDGsクイズ

    新着記事

    SDGsの基礎知識

    《徹底解説》今、注目を集める再生可能エネルギーとは|SDGsとの関係性も解説

    もっとみる

    おすすめ

    神奈川県など6団体が店舗施設のバリアフリー情報をオープンデータ化|官民連携で移動困難者の支援を加速

    『大東建託グループ SDGsアワード2021』で地域課題に挑む|7つの施策を実施

    SDGsの認知度は50%以上、10代は70%を突破。一方で内容理解に課題も|電通が「SDGsに関する生活者調査」を実施

    子どもの入学式や参観日などに特別休暇|プロパティエージェント

    2021年「ユネスコ/日本ESD賞」の国内公募が開始|すべての目標達成のカギとなる取り組みを支援

    多様性がテーマの芸術祭「True Colors Festival」の開催が決定|個性のコラボレーションを実現するパフォーミングアーツの魅力とは

    コロナ禍で廃プラの処理量「減少した」7割|現在は増加傾向